高橋一生、仲里依紗をバックハグに「めっちゃドキドキ」と大反響 『東京独身男子』第4話

高橋一生、仲里依紗をバックハグに「めっちゃドキドキ」と大反響 『東京独身男子』第4話

突然のバックハグが大反響を呼んだ(左から)高橋一生、仲里依紗 クランクイン!

 俳優の高橋一生が主演を務めるドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第4話が11日に放送され、太郎(高橋)がかずな(仲里依紗)を後ろから抱きしめるシーンに、視聴者から「めっちゃドキドキ」「尊い」「かっこいい」などのツイートが殺到した。

 かずなから交際の条件として「結婚を前提に」と突き付けられた太郎は答えを保留にしてしまう。太郎は、三好(斎藤工)と岩倉(滝藤賢一)を交えた話し合いの末、“視野を広げる”ために“ナイトライフ”へくり出す。そして岩倉の父・和雄(小野武彦)がイチオシのマッチングアプリで出会いを求めることに…。

 行きつけのバーの従業員からパーティに誘われた太郎は、三好と岩倉を伴って会場へ。そこで太郎は酔いつぶれた女性を介抱しパーティ会場となったホテルの部屋まで送り届けることに。しかし部屋に入ると女性が豹変。女性は太郎を押し倒し、彼のスボンを脱がせようとする。驚いた太郎は恐れをなして部屋の外へ出ようと這いつくばると、女性は彼の体にまたがってなんとか事に及ぼうと抵抗。太郎が女性に襲われてしまうシーンに、SNS上には「プロレスみたい(笑)」「コントだ笑」「深夜ドラマありがてぇ」などの反響が。

 怒った女性から部屋を追い出された太郎は、とぼとぼとした足取りでマンションに帰るとかずなとバッタリ。彼女を自室に招いた太郎は、ホテルでの顛末を話すと彼女はお腹を抱えて大爆笑する。この状況にネット上には「冗談にしてくれる女の人いいよね!」「かずなちゃん可愛い」「やっぱ太郎ちゃんとかずなお似合いだなあ」などの声が寄せられた。

 自分の情けない話を笑い飛ばすかずなの姿を見た太郎は、真剣な表情になり、彼女を後ろから抱きしめると耳元で「いいや俺…出会いとかいらない」とつぶやく。太郎を演じる高橋のバックハグに視聴者からは「おおお!不意打ちのバックハグ!」「やばいめっちゃドキドキする」「羨ましさの極み…尊い」「た、太郎ちゃん…このドラマで初めてかっこいいと思えた」などのツイートが殺到した。

関連記事(外部サイト)