蒼井優、“家族のルール”を明かすも「あれ?なんか変な空気」と照れ笑い

蒼井優、“家族のルール”を明かすも「あれ?なんか変な空気」と照れ笑い

(左から)『長いお別れ』キャスト舞台挨拶付きプレミア試写会に登場した竹内結子、蒼井優 クランクイン!

 女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督が15日、都内で開催された映画『長いお別れ』プレミア試写会に出席。蒼井や竹内は本作への思い、そして家族の中のルールについて語った。なお、この日は山崎努も出席予定だったが、体調不良により欠席となった。

 直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化した本作は、『湯を沸かすほどの熱い愛』で知られる中野監督がメガホンを取った新たな愛の感動作。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻・曜子(松原)、そして人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の姿と共に、ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間を描く。

 竹内は「山崎さんのお父さんがいて、松原さんのお母さんがいて、蒼井優ちゃんがいて、北村さんの旦那様がいて。この作品の中で、そうやって同じ場所に立てるということが、嬉しいので、この作品に出演できたこと自体が幸せです。この作品を観て、家族って温かいなって、そういう時間を過ごしてもらえたら有難いなと思います」と心境を告白。

 一方の蒼井は「出来上がった作品が、編集のお力もあって、もう一個上に上がった状態で、皆様にお届けできるっていうのが、映画作りって本当にたくさんの方が携わってできるんだなということを、改めて感じました」としみじみ。会場を見渡し「ここにいらっしゃる数だけ、家族観があると思うんです。そういうお話をするきっかけに、この作品がなったらいいなと思いますし、できれば家族というものに対して、ポジティブな感情を皆さんが受け取ってくださったら嬉しいです」と笑顔を見せた。

 当日は、それぞれが家族のルールを発表する一幕も。蒼井は「うちの家族、やたらハグをするんです」と言い「ついこないだも、父親に会ったときに、『おお』って。普通にハグして。バイバイの時もハグして別れましたけど」と振り返るも、「あれ?なんか変な空気」と照れ笑いを浮かべた蒼井だが「父と母がいつも手を繋いで歩いている」と家族仲の良さを明かした。

 これを受けて「素敵じゃないですか」と白い歯を見せた竹内は「竹内家は小さい頃から、どんな食事でも、お味噌汁が付いていました。カレーの日でも、シチューの日でもお味噌汁」と答えていた。

 映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

関連記事(外部サイト)