今田美桜、グラサン&黒スーツ姿に照れ笑い 「恥ずかしい」

今田美桜、グラサン&黒スーツ姿に照れ笑い 「恥ずかしい」

今田美桜、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントに出席 クランクイン!

 女優の今田美桜が21日、都内で開催された映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のアフレコイベントに出席。今田は、本編の衣装提供を務めたポール・スミスによるMIB仕様のブラック・スーツにサングラスを合わせた姿で登場し、「恥ずかしいですけど、こんなにスタイリッシュなスーツを着られるのはうれしいです」と照れ笑いを見せた。

 本作は、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBのエージェントたちが、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを行う姿を描く人気SFシリーズの最新作。吹き替え初挑戦の今田は、エリートの新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)を担当している。

 初挑戦の吹き替えに関して今田は「普段は相手の方が目の前にいて、お芝居させていただいているんですけど、今回は画面ですし、相手の方がいないので、声の距離感だったりとか、声の表情の乗せ方とかもすごく難しくて。勉強中です(笑)」と難しさを感じている様子。長く愛されている『MIB』シリーズへの出演については「人気作で、こんなに大役をいただけるなんて、思ってもみなくて。初日は、頭が真っ白になるくらい緊張していました」と思いを明かした。

 杉田智和、高島雅羅、磯部勉らのベテラン声優陣と共演した今田は、吹き替え版の監督に「キャラクターをつかむ感がすごく良くて、プロの声優さんたちが演じるエージェントの中で、自然でフレッシュなMの魅力を聞かせてくれました」と称賛されると「ありがたいです」とニッコリ。「周りの声優さんたちが、すごくベテランの方ばかりで。その中で、この新人エージェントMを演じさせていただくっていうのは、緊張と戸惑いと、あって。びっくりしています」とも話していた。

 その後、Mの人柄に話が及ぶと「知的ですごくエリートで、負けず嫌いだなと思うんです」と言い、自身との共通点に関しては「負けず嫌いだけかな(笑)。あとはMなので、頭文字は一緒です」と笑顔で話していた。

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

関連記事(外部サイト)