今夜『デジタル・タトゥー』、高橋克実の元へ以前担当した痴漢事件の被告人が

今夜『デジタル・タトゥー』、高橋克実の元へ以前担当した痴漢事件の被告人が

『デジタル・タトゥー』第2回場面写真(C)NHK

 俳優の高橋克実と瀬戸康史がダブル主演を務めるドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合/毎週土曜21時)の第2回が今夜放送される。新たに立ち上げた岩井法律事務所のホームページを見て一人の男が訪ねてきた。彼はかつて岩井(高橋)が検事時代に担当した痴漢事件の被告人で、ネット上にさらされた事件に関する書き込みを削除してほしいと迫る。

 本作は、インターネットには全く疎い50代のヤメ検弁護士・岩井と、動画サイトで荒稼ぎする20代YouTuberのタイガ(瀬戸)がバディを組んで、ネット上の中傷や個人情報の拡散に苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンスドラマ。

 自分の命を狙う者の正体を突き止めたいと転がり込んできたタイガが、岩井法律事務所のホームページを立ち上げる。すると、それを見た大野(中村靖日)が岩井の元を訪ねてきた。

 大野は岩井が地方検事だった時に担当した痴漢事件の被告人で、その後新潟に移り住み、小さな塾を営んでいた。だが、最近になって過去の事件がネットで蒸し返され、生徒が皆やめてしまったという。書き込みを削除してほしいと迫る大野は、その時の被害女性が「痴漢された」と騒いでは示談金をせしめる詐欺の常習者だったと岩井に告げる。

 土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』第2回は、NHK総合にて今夜5月25日21時放送。

関連記事(外部サイト)