唐沢寿明、新ドラマ『ボイス』撮影開始 初日からハードアクション挑戦

唐沢寿明、新ドラマ『ボイス』撮影開始 初日からハードアクション挑戦

新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』より(C)日本テレビ

 俳優の唐沢寿明が主演を務め、女優の真木よう子と初共演する7月スタートのドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)で、「ハマの狂犬」の異名をとる敏腕刑事・樋口彰吾を演じる唐沢がクランクイン。役作りのため無精ひげを生やした姿で撮影現場に現れ、初日からハードなアクションを繰り広げた。

 撮影現場は横浜の夜の港。強行犯係・樋口が同僚と張り込んでいると、強盗殺人犯たちが現れ、格闘の末に取り押さえるシーンだ。

 ハードなアクションシーンも大きな見どころとなる今回のドラマ。唐沢は「撮影に向けて、体づくりはずっとやっていました。走りこんだり、格闘技のレッスンに参加したり、ケガをしないように毎日ストレッチをして柔軟性を高めたりして、いつでも撮影に挑めるような準備はしています」と語っており、その言葉通り、キレのあるアクションを披露した。アクション監督の指導の下、何度も入念に動きを確認。犯人役の屈強な男たちを相手に、海上で壮絶な大捕物を演じ、撮影は深夜にまで及んだ。

 撮影を終えた唐沢は「初日からかなり激しいシーンでしたね(笑)。アクションチームは以前にも一緒に仕事をしたことがあるチームだったけど、今日はさらに激しいアクションだったから、あちこちにアザが出来ちゃったよ」と苦笑しつつも手応えを感じている様子。今後のアクションにも自信をのぞかせた。

 本作の舞台は警察の緊急指令室。彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。一つ一つの判断が被害者の生死を分ける、タイムリミットサスペンスとなる。唐沢が演じる樋口彰吾は、勘と行動力で突き進むすご腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐に燃える男。真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役を務める。

 新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は日本テレビ系にて7月より毎週土曜22時放送。

関連記事(外部サイト)