吉沢悠、主演映画初日を迎え感無量「ビッグウェーブを起こしたい!」

吉沢悠、主演映画初日を迎え感無量「ビッグウェーブを起こしたい!」

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶の様子 クランクイン!

 俳優の吉沢悠が31日、馬場ふみか、香里奈らと共に、都内で開催された主演映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』の初日舞台あいさつに出席。撮影が終わってからもサーフィンを続けていると告白した吉沢は、大杉漣さんが出演していた本作のパート1にも触れ「この『2nd Wave』でもビッグウェーブを起こしたい!」と作品を熱くアピールした。

 本作は、美しい海が広がる種子島を舞台に、 夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、 再びサーフィンを通して人生の輝きを取り戻していくヒューマンドラマ。夢から逃げ出し挫折するも、サーフィンの才能だけはずば抜けているという不器用な主人公・光太郎を吉沢が演じている。舞台挨拶には吉沢のほか、馬場ふみか、香里奈、立石ケン、森高愛、松原奈佑、南美沙、竹中直人らキャスト陣と喜多一郎監督も登壇した。

 ついに公開初日を迎えた吉沢は、「ちょうど撮影を1年前にやっていたのですが、僕自身終わってからもサーフィンは続けている。千葉や湘南の海で『本作を楽しみにしているよ』という声をたくさんいただいていたので、今日を迎えるのをを楽しみにしていた」と感無量の表情。

 また撮影エピソードを聞かれると、共演した泉谷しげるについて触れ「泉谷さんが今回70代で初めてサーフィンに挑戦されている」と明かし、泉谷にサーフィンを教えるシーンは監督から「吉沢に全部まかせる」と言われたという。

 教えるシーンでは、ドキュメンタリーのように撮っていったと振り返り、その中で泉谷が「吉沢、サーフィン楽しいな」と言ってくれたと「僕自身もサーフィン好きでやっているので、同じ気持ちを持っていただけてうれしかった」と述懐した。

 一方、同じく撮影エピソードを聞かれた香里奈は「私が行くまでは晴れてたんですけど、雨女なので行ったらすごい雨が降ってた」といい、監督も「雨女と聞いていたので、室内のシーンを多くしておきました」と笑いを誘った。また、久しぶりの吉沢との共演となった竹中は「久しぶりだったから本当にうれしかった」と顔をほころばせつつ、病院長役について役作りを聞かれると、松原が1ヵ月前から現地入りして役作りしていたことにかぶせ「1ヵ月前から病院に入って…」と冗談を飛ばし相変わらずの竹中節で会場を沸かせた。

 最後には吉沢が、「本作のパート1は大杉漣さんがやられていまして、当時は中高年の方が映画を観てサーフィンをやってみたいというムーブメントが起こったと聞いています。この『2nd Wave』も皆さんの力でビッグウェーブを起こしたい!」と力熱くアピールした。

 映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』は公開中。

関連記事(外部サイト)