今夜『集団左遷!!』、本部に異動した福山雅治の前に新たな難問が

今夜『集団左遷!!』、本部に異動した福山雅治の前に新たな難問が

『集団左遷!!』第7話場面写真(C)TBS

 福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が今夜放送。第7話では、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動した片岡(福山)に、新たな難問が発生。業績が低迷する総合百貨店を巡る告発メールの調査に乗り出そうとする。

 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。

 片岡は、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが、会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷にあえいでいた。

 金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を再び社長に就任させるというものだった。

 だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが…。

 日曜劇場『集団左遷!!』第7話は、TBS系にて今夜6月2日21時放送。

関連記事(外部サイト)