福山雅治&大路恵美、『集団左遷!!』で21年ぶりサプライズ共演

福山雅治&大路恵美、『集団左遷!!』で21年ぶりサプライズ共演

『集団左遷!!』第8話で21年ぶりに共演する福山雅治と大路恵美(C)TBS

 俳優の福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話に、女優の大路恵美がサプライズゲストとして出演することが決定した。『ひとつ屋根の下』での「チイ兄ちゃん」と「小梅」役で知られる2人の、夢の顔合わせが実現する。

 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリー。

 前話(第7話)から始まった第2章では、本部の融資部へ異動となった片岡と、専務に出世した横山輝生(三上博史)とのバトルが、三友銀行全体を巻き込んだ大スキャンダルへと発展していく。

 第8話で大路が演じるのは、横山専務と深い関わりを持ち、彼のもう一つの顔を知る三友銀行日本橋支店支店長・金村勇二(川原和久)の妻役。不正融資疑惑を調査中の片岡は、金村の家を訪ね、玄関先で応対した彼女と言葉を交わす。

 福山と大路といえば、90年代の大ヒットドラマ『ひとつ屋根の下』(1993年/フジテレビ)、『ひとつ屋根の下2』(1997年/フジテレビ)で演じた兄妹役が印象深い。大路が福山と共演するのは、『めぐり逢い』(1998年/TBS)以来21年ぶりとなる。

 大路は「今までサプライズ出演という機会がなかったので、短いシーンでしたが、とても楽しめました」と撮影を振り返る。撮影中も「チイ兄ちゃん!」と呼んでいたという福山に対しては「話しても話しても会話が尽きず、今でも兄と妹のままでした。福山さんは人間力がさらに増していて素敵でした」と語った。

 福山は「僕にとっても大路恵美さんは変わらず“小梅”です」と懐かしみ、「撮影現場では、懐かしい色々な話をすることができてうれしかったです。相変わらず守ってあげたくなる存在で、『小梅は変わらないな』と思いました」と再会の感想をコメントした。

 日曜劇場『集団左遷!!』第8話は、TBS系にて6月9日21時放送。

関連記事(外部サイト)