新海誠最新作『天気の子』、公開初日午前0時より「世界最速上映」決定

新海誠最新作『天気の子』、公開初日午前0時より「世界最速上映」決定

映画『天気の子』メインカット(C)2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督のアニメーション映画最新作『天気の子』の、公開初日7月19日午前0時より上映を開始する「世界最速上映」が決定した。

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が、自らの生き方を「選択」する物語を描く。主人公・帆高とヒロイン・陽菜の声を、醍醐虎汰朗と森七菜がそれぞれ務め、小栗旬、本田翼らが出演する。

 本作は公開間際まで制作が行われ、公開前の試写会などは予定されていない。世界最速上映が行われるのは、「TOHOシネマズ新宿」「TOHOシネマズ梅田」の2館。当選した合計2000名(各1000名)が世界のだれよりも早く『天気の子』を体験することが出来る。鋭意制作中の新海監督は「この2年半、観客の皆さんに映画を手渡す日をただただ楽しみに、制作を続けてきました。ついに心待ちにしていた日です。『天気の子』を楽しんでいただけることを、心から願っています」とコメントを寄せている。

 世界最速上映チケットは「ローソンチケット」にて抽選販売され、応募期間は6月19日12時〜6月23日23時59分まで。詳しくは「天気の子」世界最速上映 抽選エントリー受付ページ(https://l-tike.com/st1/tenkinoko/)にて。(※劇場窓口での販売はなし)

 また、『天気の子』の公開を記念して、前作『君の名は。』が、6月30日21時よりテレビ朝日系にて放送されることが決定した。

 映画『天気の子』は7月19日より全国公開。

関連記事(外部サイト)