綾瀬はるか「すごい緊張感がある」 聖火リレーを疑似体験

綾瀬はるか「すごい緊張感がある」 聖火リレーを疑似体験

綾瀬はるか、東京2020オリンピック 聖火ランナー公募キャンペーン発表会に登場 クランクイン!

 女優の綾瀬はるかが10日、都内で開催された「東京2020オリンピック聖火ランナー公募キャンペーン発表会」に出席。綾瀬は「TEAM COCA-COLA AMBASSADOR」に就任したほか、聖火リレーを疑似体験した。

 イベントには綾瀬のほか、元水泳選手の北島康介、サッカー日本代表の堂安律、YouTuberのHIKAKINらが出席した。今回のキャンペーンは、スマートフォンアプリ「Coke ON」を使って貯まる「コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」を使って、オリンピックの聖火ランナーに応募できるというもの。綾瀬は、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーである北島からの「トーチキス」(聖火を移すためにトーチとトーチを合わせること)によって「TEAM COCA-COLA AMBASSADOR」に任命された。

 感想を問われた綾瀬は「大変光栄です! しっかり盛り上げていきたいと思います」と白い歯を見せ「コカ・コーラの代表ということで、東京2020オリンピック、そして聖火リレー、ますます盛り上げていきたいと思います」と意気込みを語って会場を沸かせた。

 その後、綾瀬は聖火リレーを模擬体験することに。全身白の衣装に身を包み、トーチを持ちながら会場を走って回った綾瀬は「トーチの重みを感じながらっていうのは、やっぱりすごい緊張感があるのと、皆さんからの声援もあるので、より興奮して、その状況を想像できて楽しめました」と感想を語った。

 一方のHIKAKINは「僕らにしかできない動画を使った盛り上げ方とかで、全力で盛り上げますので、東京2020オリンピック、ランナー、ぜひ応募してみてください」と呼びかけ、堂安は「グループランナーとして走るのは、やっぱり貴重な思い出になると思うので、ぜひ仲間と家族と協力して、応募してほしい」と話していた。

 この日は、YouTuberのはじめしゃちょー、フィッシャーズ、東海オンエア、水溜りボンド、アバンティーズも出席していた。

関連記事(外部サイト)