『集団左遷!!』“梅ちゃん”尾美としのり、苦渋の決断に感動の声が続出

『集団左遷!!』“梅ちゃん”尾美としのり、苦渋の決断に感動の声が続出

『集団左遷!!』“梅ちゃん”こと尾美としのり クランクイン!

 福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第9話が16日に放送された。頭取の裏切りに憤る片岡(福山)が滝川(神木隆之介)ら元蒲田支店メンバーとともに再び立ち上がるのだが、その際に同期であり現在は横山専務(三上博史)側についている梅原(尾美としのり)がとった行動に、「かっこよすぎ」と涙する視聴者が続出している。

※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

 懸命の調査でなんとか横山の裏金づくりを暴き出した片岡。しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠となるリストから横山の名前は消されてしまっていた。ダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じた藤田頭取の真の狙いはわからないまま。

 頭取に裏切られ憤る片岡は不正の新たな証拠を掴むべく、再び動き出す。そこへ、巨大外資との提携による大規模な合理化とリストラの大波が押し寄せる中、滝川(神木)ら、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。

 一方、鮫島(小手伸也)に決定的な証拠となる手帳を手渡され、これで情報が漏れたら裏切者がすぐにわかると、脅迫まがいの発言をされた梅原(尾美)は戸惑いを感じていた。横山について調査を続ける片岡から「何か知ってるってことだよね」と問われるが、自分の身を守るため冷たく突き放してしまう。「俺達の世代が止めないでどうすんだよ!」と説得する片岡と、巨大な権力の間で揺れる梅原のとった行動とは。

 「片岡君にお前はばかだ、と伝えてください。それと…梅ちゃんはもっとばかだ、と伝えてください」と真山(香川照之)に手帳を差し出した梅原に対し、放送中のSNSでは「梅ちゃん」コールが殺到。

 同時に「梅ちゃんと片岡さんの友情に涙ぐんでる」「梅ちゃんにジーンときた」といった感動の声や、「梅ちゃんが、踏切に行けば飛び込むんじゃないか…、屋上に行けば飛び降りるんじゃないか…、ネクタイを外せば首を…と心配になった今週」と苦渋の決断を行った彼を心配する視聴者も相次いだ。

 また、いよいよ最終回を迎える本作に「来週まで待てん!!」「ドキドキして震えて待ちます」「正義が下克上に繋がると信じたい。頑張れーーーーーー!!!」など、さまざまなエールが送られている。

関連記事(外部サイト)