今夜『わたし、定時で帰ります。』最終回、吉高由里子は仕事と恋に決断を

今夜『わたし、定時で帰ります。』最終回、吉高由里子は仕事と恋に決断を

『わたし、定時で帰ります。』第10話場面写真(C)TBS

 女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が今夜放送される。恋人に衝撃の一言を告げられた結衣(吉高)は、さらに仕事でも外注先が倒産してピンチに。恋に仕事に、決断を迫られた結衣は、最後にどんな道を選ぶのか?

 本作は、作家・朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していくさまを描く。

 巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣。

 そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。

 その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか…。

 火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』最終回は、TBS系にて今夜6月18日22時放送(15分拡大)。

関連記事(外部サイト)