義母へのトリュビュート…キャサリン妃がダイアナ元妃を思わせる白のコートドレス姿披露

義母へのトリュビュート…キャサリン妃がダイアナ元妃を思わせる白のコートドレス姿披露

キャサリン妃、ダイアナ元妃を思わせる白のコートドレスでガーター勲章授与式に出席(C)Zeta Image

 イギリスのキャサリン妃が現地時間17日、ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂内で毎年行われるガーター勲章の叙任式に出席。亡き義母ダイアナ元妃を思わせる白のコートドレス姿を披露した。

 Mail Onlineによると、キャサリン妃が格式高い公式行事への出席で選んだ衣装は、キャサリン・ウォーカーの“Liza”コートドレス。襟とパネルの部分は黒いレースがあしらわれており、ウエスト辺りが少し絞ってあるデザインだ。ロングスリーブとひざ丈でシックだがスタイリッシュな装い。帽子やヒール、クラッチバッグも黒でまとめている。

 そのデザインとカラーコーディネートは、亡き義母ダイアナ元妃が1995年の対日戦勝記念日の式典で着用したコートドレスに似ているという。写真を見ると、ダイアナ元妃が着ているアイボリーカラーのコートドレスはツーピース。パネル部分に黒のレースがあしらわれている。この時のダイアナ元妃もドレスに合わせて、帽子とクラッチバッグとヒールを黒でコーディネートしていた。

 過去にも幾度となくダイアナ元妃のスタイルを彷彿とさせるコーディネートを披露したキャサリン妃。洗練されたスタイルのお手本はダイアナ元妃かもしれない。

関連記事(外部サイト)