バナナマン設楽統&日村勇紀、『ペット』声優再オファーに「来るか心配だった」

バナナマン設楽統&日村勇紀、『ペット』声優再オファーに「来るか心配だった」

映画『ペット2』吹き替え版完成会見の様子 クランクイン!

 バナナマンの設楽統と日村勇紀が24日、都内で行われた映画『ペット2』吹き替え版完成会見に出席。前作に引き続き、設楽はマックス役、日村はデューク役でオファーを受けたことに設楽は「パート2があるよと聞いていたのですが、また声のオファーが来るか心配だった」と胸の内を明かしていた。

 本作は、『ミニオンズ』などのイルミネーション・エンターテインメントが贈る、飼い主たちがいない間のペットたちを描いたアニメーション『ペット』の続編。会見には、バナナマンに加え、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、内藤剛志(ルースター役)、伊藤沙莉(デイジー役)、宮野真守(セルゲイ役)も出席した。

 設楽は、前作の段階でパート2が製作されることを聞いていたというと「その段階で声のオファーが来るのか心配だったのですが、こうしてまた参加できてよかったです」と笑顔を見せる。

 設楽の発言に日村も大いにうなずくと「今回は、それぞれの3年後が描かれていますが、性格がねじ曲がっていたデュークが、別の犬のように丸くなっているんです」と成長した姿が見どころであることを述べると、設楽も「マックスもしっかりと成長しています。今作は友情や冒険など、いろいろな要素が詰まっているのですが、すごくまとまっていて、スムーズに頭の中に入ってくる」と作品の魅力をアピールしていた。
 
 パート2からは、ルースター、デイジー、セルゲイという個性的なキャラクターも登場する。パート1では、タカのタイペリアス役を演じた宮野は、本作では悪徳サーカス団の団長・セルゲイの声を担当する。「前回はおじいちゃんだったのですが、今回は悪役。あまりやったことがないキャラクター。イルミネーションさんの作品では飛び道具的な役が多いですね」と笑顔を見せる。
 
 そんな宮野に、設楽や永作は「どうやったらあんな声域が出せるんですか?」と興味津々。宮野は「正直、どういった声にしたらいいのか悩みました」と打ち明けると「つぶした声のようなイメージで作っていたので、最後の方は声が枯れてしまって大変でした」とアフレコを振り返っていた。

 映画『ペット2』は、7月26日全国公開。

関連記事(外部サイト)