山崎夕貴アナ「下半身のもたつきが気になって…」 この夏の筋トレを宣言

山崎夕貴アナ「下半身のもたつきが気になって…」  この夏の筋トレを宣言

山崎夕貴アナ、フジテレビ開局60周年記念「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019」制作発表に登場 クランクイン!

 山崎夕貴アナらフジテレビの女子アナウンサーからなる「お台場ワンガン娘’19」と、榎並大二郎アナら「オマツリ男アナ」らが18日、フジテレビ社内で行われた同局の開局60周年記念「ようこそ!! ワンガン夏祭りTHE ODAIBA 2019」制作発表に出席した。

 同イベントは、「楽しくなければイベントじゃない!」を合言葉にしたフジテレビの夏のイベント。今年は、本社屋内に人気番組エリアを多数展開する。さらに、2020年に開催を控えた東京オリンピック・パラリンピックに向けたスポーツコンテンツも充実させる。

 これまで山崎アナがセンターを務めてきた「お台場ワンガン娘」だが、山崎は「今年は私、センターを勇退いたします!」と電撃交代を発表。後を継いで新たなセンターとなった三田友梨佳アナは「センターとしてみんなを引っ張っていけたらと思いますが、何よりもきてくださる皆さんが、笑顔で楽しく、最高の夏の思い出をお台場で作れるようにフジテレビの人間みんなで盛り上げていけたらと思っています」と笑顔であいさつした。

 さらに、令和に入って初めての夏に挑戦したいことに話が及ぶと、山崎アナは「我が家に最近、エアロバイクがやってきたんです。下半身のもたつきが気になって、最近やっと運動を始めました。それ以外にも、腹筋マシーンとかダンベルとか、いろいろな器具が家にあるんです。夫がアスリート芸人なので。ゆくゆくはジムとして解放したいなと思っているほどです」とコメント。これを聞いた司会の佐野瑞樹アナは、すかさず「夏とは全く関係ない」とツッコみ、会場を爆笑させた。

 また、タピオカ好きで知られる久慈暁子アナは「新しいタピオカのお店を発見したいです。それから、タピオカを買ってきて、自分で作ってみたいなと思います」とタピオカ愛を爆発させた。

 フジテレビ開局60周年記念「ようこそ!! ワンガン夏祭りTHE ODAIBA 2019」は、フジテレビ本社屋及びお台場・青梅周辺エリアで7月27日から9月1日まで開催。

関連記事(外部サイト)