大泉洋『ノーサイド・ゲーム』、宿敵チームに渡辺裕之×松尾諭×佐伯大地

大泉洋『ノーサイド・ゲーム』、宿敵チームに渡辺裕之×松尾諭×佐伯大地

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(左から)佐伯大地、渡辺裕之、松尾諭(C)TBS

 俳優の大泉洋が主演する日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストとして、俳優の渡辺裕之、松尾諭、佐伯大地の出演が発表された。最強の敵となるラグビーチーム「サイクロンズ」の監督、GM、エースをそれぞれ務める。

 本作は、作家・池井戸潤がラグビーワールドカップ2019日本大会開催に合わせて書き下ろした6月13日刊行の同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大企業内での対立と復権をかけたサラリーマンの戦いにラグビーを絡めた作品となる。

 大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、今は成績不振にあえいでいた。知識も経験もないのにチーム再建の重荷を課せられ、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。

 発表されたキャストは、「アストロズ」が参加するラグビーアマチュアリーグ「プラチナリーグ」の王者「サイクロンズ」の中心メンバー。

 「サイクロンズ」を率いる名将・津田三郎監督役の渡辺は、池井戸小説のファンだということで興奮が止まない様子。「原作と台本を持ち歩き、読み返し読み比べ、深く細かい役作りを心掛けて現場に臨んでいます」と語り、「宿敵としての存在感を 最適の位置で 持ち得る総てを注ぎ 演じる決意です」と意気込みをコメントした。

 松尾が演じるのは、業界の事情通でサイクロンズGMの鍵原誠。「池井戸先生の作品は、どれも体の底から熱くなり、胸がすくような気持ちの良いものですが、『ノーサイド・ゲーム』はさらに熱く、現場の熱量もさらに高いです。最後にはお茶の間の皆様と一緒に燃え尽きる事のできる作品になると思います」と期待を込めた。

 「サイクロンズ」と日本代表のスタンドオフを務める富野賢作を演じる佐伯は、184cmと長身で、ミュージカル『刀剣乱舞』で人気を博す俳優。オーディションから数ヵ月、練習を重ね、大きな身体作りをしてきたという佐伯は「日本でラグビーか注目されている今、富野という芯の強さを持ったサイクロンズのエースを演じられることに喜びを感じるとともに、身の引き締まる思いです」と語り「アストロズの最強の敵として、熱い戦いを届けられるよう、精一杯演じます」とコメントした。

 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は、TBS系にて7月7日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

関連記事(外部サイト)