杉野遥亮が詐欺稼業でのし上がる! 連ドラ初主演作『スカム』スタート

杉野遥亮が詐欺稼業でのし上がる! 連ドラ初主演作『スカム』スタート

ドラマイズム『スカム』場面写真(C)「スカム」製作委員会・MBS

 俳優の杉野遥亮が主演を務めるドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)。第1話では、親友から持ちかけられた怪しいバイトに乗った主人公の誠実(杉野)が、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまうことに。

 本作は、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が、振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した『老人喰い』が原案の社会派エンタテインメント。リーマンブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊を舞台に、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。

 2008年、草野誠実はリーマンショックの影響で新卒切りにあい、学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられる。

 そんな誠実に、親友の祥太郎(戸塚純貴)は怪しいバイトを持ちかける。誠実は幼なじみの美咲(山本舞香)の忠告を無視して話に乗るが、そのバイトは振り込め詐欺の現金引き落とし役だった。

 犯行当日、誠実は警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまう。そして集金屋の山田(山中崇)に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう…。

 ドラマ『スカム』第1話は、MBSにて6月30日25時50分、TBSにて7月2日25時28分放送。

関連記事(外部サイト)