『あなたの番です‐反撃編‐』田中圭の“キャラ変”ぶりに怯える声「怖すぎる」

『あなたの番です‐反撃編‐』田中圭の“キャラ変”ぶりに怯える声「怖すぎる」

『あなたの番です‐反撃編‐』第11話場面写真(C)日本テレビ

 田中圭と原田知世がダブル主演を務めるドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第11話が30日に放送され、菜奈が殺されて以後の翔太(田中)の豹変(ひょうへん)ぶりに「暴走しまくってる」「怖い」などの声がネット上に寄せられた。

 菜奈(原田)を襲って逮捕された早苗(木村多江)は“ミキサー主婦”として世間の注目の的となり、山際の殺害も早苗と正志(阪田マサノブ)の犯行という疑いが強まる。一方の翔太(田中)は、菜奈の最期の姿を映した動画のことを警察に通報。そんな中、翔太は住民会に出席。会の途中、管理人の蓬田(前原滉)が304号室に引っ越してきた住民・二階堂(横浜流星)を連れてくる。

 通報を受けて翔太の家を訪れた所轄刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)。刑事たちを出迎えた翔太は神妙な顔つきで「遅い…」とポツリ。警察のサイバー班は、菜奈の最後を写した動画を解析するために彼女のパソコンを操作するが、手がかりとなるものは発見されない。水城が「投稿者の特定には至りませんでした…」と申し訳なさそうに伝えると、翔太は「じゃあ、もう一度お願いします。待ってますから」と頭を下げる。この言葉に水城が「やり直しても、結果は変わらないと思いますよ」と返すと、翔太は表情を一変させ「やってみなきゃわかんないじゃないですか!」と叫び、水城の体を乱暴に壁に押し付ける。愛する菜奈を失い、復讐(ふくしゅう)へ身を投じていく翔太に対して、ネット上には「翔太さん豹変怖いよー」「暴走しまくってるな」「わかるけど…見ててつらい」などの声が多数寄せられた。

 一方で豹変した翔太の姿に「ゆるふわよりカッコいい気がする」「俄然、セクシー」「かっこよすぎて、違う意味で心がざわざわしてるー」などの反響も投稿されていた。

 次回予告では、翔太が尾野(幹葉)に対して「このマンションの住人全員殺して、それで復讐完了だよ」と詰め寄るシーンが映し出され、これには「いくら菜奈ちゃん殺されたからってそれはやりすぎだよ…」などの意見も上がっていた。

関連記事(外部サイト)