平手友梨奈「何もかもが新鮮でした」 瀬戸内のアートと唯一無二のフォトセッション

平手友梨奈「何もかもが新鮮でした」 瀬戸内のアートと唯一無二のフォトセッション

「Casa BRUTUS」8月号での平手友梨奈 発行元:株式会社マガジンハウス

 欅坂46の平手友梨奈が、ライフスタイルマガジン「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)」8月号(マガジンハウス)の表紙を飾る。平手は特集で瀬戸内のアート施設を訪ねる。

 8月号の特集テーマは「アートを巡る夏の旅。」。3年に1度、瀬戸内の島々を舞台に行われる日本最大規模の芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」の開催年に当たる今年。特に盛り上がりを見せる夏会期(7月19日〜8月25日)に合わせ、この夏に旅したい日本のアートスポットを紹介する。

 表紙に加え、24ページにわたり特集記事にも登場する平手は、瀬戸内海に浮かぶ、直島、豊島、小豆島、女木島の4島を巡る。直島では、表紙となった草間彌生の「赤かぼちゃ」や、クロード・モネの「睡蓮」の世界を立体的に感じられる〈地中の庭〉、旧家を改装したパヴィリオン The Naoshima Plan 2019「水」など、12ヵ所のアートスポットを訪れた。

 もともと美術館が好きだという平手は「瀬戸内のアートのようなものに触れるのは初めてだったので、何もかもが新鮮でした。フェリーで島々を渡っていくのはアトラクションみたいな感じだったし(笑)」と語る。

 さらに「今回、巡った中では〈地中美術館〉にある〈地中の庭〉が一番好きだったかもしれない。直島の「水」という作品も風が気持ちよくて居心地が良かったです。何よりたくさんのアート作品に触れられたのは嬉しかったです。今回の旅を通してインスピレーションがまたいろいろ湧いてきたらいいなぁと思いました」と撮影を振り返った。

 欅坂46の平手友梨奈が表紙の「Casa BRUTUS」8月号はマガジンハウスより7月9日発売。価格は980円(税込み)。

関連記事(外部サイト)