今夜『聖☆おにいさん』、体調を崩した染谷将太を松山ケンイチは心配するが…

今夜『聖☆おにいさん』、体調を崩した染谷将太を松山ケンイチは心配するが…

ドラマ『聖☆おにいさん』第3回場面写真(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 制作委員会

 俳優の松山ケンイチと染谷将太が主演を務める『聖☆おにいさん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)第I紀の第3回が今夜放送。今回も松山と染谷がイエスとブッダに扮し、選りすぐりの3エピソードが放送される。

 本作は、2006年から『モーニング・ツー』(講談社刊)で連載中の中村光による人気ギャグ漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマ化。映画『銀魂』シリーズやテレビドラマ『今日から俺は!!』など数々のヒット作を手がけてきた福田雄一が監督・脚本を務め、俳優の山田孝之が制作統括としてプロデュースする。

 世紀末を無事に越えた、“目覚めた人ブッダ”と“神の子イエス”の2人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。六畳一間で繰り広げられる、ユルくてほっこりする2人の日常生活を描く。

 第I紀、全10話のショートストーリーをオムニバス形式に再編集して3回にわたりオンエア。3回目となる今夜は、「ホスピタルフィーバー」「天国はいいとこ一度はおいで」「サンパツ沐浴ドランカー」の3話が放送される。

 「ホスピタルフィーバー」では、体調が悪く、寝込んでいるブッダが心配なイエスは病院に行くことを勧めるが、お金が心配なブッダはそれを拒否。普段近くに寄るだけで人を癒してしまうイエスは看病をした経験がなかったため、医者(佐藤二朗)を呼び風邪と診断される。ブッダのために不得意な料理を振る舞うイエスだが…。

 「天国はいいとこ一度はおいで」では、コンビニでラファエルが配っていた天国ツアーのチラシを見て、天国に行ったことがないブッダはテンションが上がる。一方、天国を見飽きているイエスは地獄ツアーの方が楽しそうだと盛り上がる。だが、最終的にイエスが行きたい場所は天国でも地獄でもなく天国に一番近いあの島だった…。

 「サンパツ沐浴ドランカー」では、イエスの散髪をしているブッダが、自分の髪も切って欲しいとイエスにお願いする。しかし、どうやっても螺髪が切れず困惑、苦戦するイエス。結局螺髪を解き髪の毛を切ることになったのだが、1世紀以上髪を切っていなかったブッダの髪の毛は膨大な量に。しかし螺髪状態に戻ったブッダの髪型は見た目では全く以前と変わらないことに衝撃を受ける…。

 ドラマ『聖☆おにいさん』第I紀 第3回は、NHK総合にて今夜7月6日23時30分放送。

関連記事(外部サイト)