藤原竜也が傷だらけの窪田正孝を介抱…『Diner ダイナー』麗しき競演シーン写真解禁

藤原竜也が傷だらけの窪田正孝を介抱…『Diner ダイナー』麗しき競演シーン写真解禁

映画『Diner ダイナー』場面写真(左から)藤原竜也、窪田正孝(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会

 俳優の藤原竜也が元殺し屋の天才シェフ役で主演を務め、蜷川実花がメガホンを取る公開中の映画『Diner ダイナー』より、藤原竜也と窪田正孝の競演シーンの場面写真が解禁された。

 本作は、平山夢明の小説『ダイナー』(ポプラ文庫)を、藤原と蜷川実花監督の初タッグで実写化。藤原は殺し屋専用のダイナー<食堂>の店主で、料理も生死も支配するダイナーの“王”たる存在であるシェフ・ボンベロ役を務める。共演に、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二の豪華俳優陣を迎え、全員が“殺し屋”役を演じる。

 解禁された画像は、傷を追った窪田演じる殺し屋スキンを介抱するボンベロの姿が映し出されたもの。劇中で惜しげもなく披露される窪田の肉体美を堪能できるとともに、2人のただならぬ関係性を感じさせる貴重なショットだ。

 藤原と窪田は、映画版とドラマ版の『デスノート』でそれぞれ“夜神月”役を演じた2人としてネット上でも大いに話題に。背後から包帯を巻くボンベロが、まるでバックハグをしているかのような錯覚に陥るほど、スキンからは色気があふれ、妖艶さすら感じさせる。最狂&ドSのボンベロと、優しさの中に表裏一体の狂気を孕んだスキン。2人が殺し屋として対峙するとき何が起きるのか、気になる場面写真となっている。

 映画『Diner ダイナー』は公開中。

関連記事(外部サイト)