『男はつらいよ』最新作、東京国際映画祭オープニング作品に

『男はつらいよ』最新作、東京国際映画祭オープニング作品に

『男はつらいよ お帰り 寅さん』ティザーポスター(C)2019松竹株式会社

 故渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が、10月28日から開催される第32回東京国際映画祭のオープニング作品として上映されることが決まった。12月27日の公開より一足先に、同映画祭で世界に向けてお披露目となる。

 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりとなる今作は、車寅次郎(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲む人々の今が描かれる。

 山田洋次監督は「寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように『生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ』と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントしている。

 久松猛朗・東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターは「この映画のエンドロールを観ながら自然と涙がこぼれました。毎年お盆とお正月にこのシリーズの最新作をどれほどワクワクしながら待ちわびたことでしょう。正に国民的映画シリーズであったと思います。そして、振り返ってみると、日本の女優史でもあったことに気づきました。そのシリーズが山田洋次監督の魔術で新作として蘇りました。この映画を第32回東京国際映画祭のオープニング作品として世界にお披露目できることを心より嬉しく思います」と話している。

 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)