『ライオン・キング』、プレミアム吹替版の予告解禁 ムファサは大和田伸也が続投

『ライオン・キング』、プレミアム吹替版の予告解禁 ムファサは大和田伸也が続投

映画『ライオン・キング』日本版ポスター(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、プレミアム吹替版の予告が解禁された。主人公シンバの父ムファサの声は、アニメーション版『ライオン・キング』(1994)で同役の吹き替えを務めた大和田伸也が続投している。

 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。

 プレミアム吹替版予告では、壮大な世界観を彩る名曲「サークル・オブ・ライフ」にのせて、吹き替えキャストが演じるキャラクターの“声”が解禁。大和田は、未来の王となる息子シンバを愛情深く育てる一人の父親として、またサバンナを治める偉大な王として、シンバを導く威厳に満ちた風格を醸し出す父ムファサを演じる。

 大和田は「丘の上で息子シンバに語りかける父ムファサの姿は、私自身と重なり、一心同体になったように感じていました。今回“超実写版”で改めてムファサを演じることになり『やったー!』と胸躍らせました。新たな魅力、感動を載せて頑張ります」と、新たに生まれ変わった『ライオン・キング』に参加できる喜びのコメントを寄せた。王となる運命を背負ったシンバを厳しくも優しく導くムファサを演じることにについて、大和田は「父親が息子を送りだす気持ち、決意を込めて、崇高な想いで演じさせていただきました」と語っている。

 さらに、本作で新しく登場するキャラクターで、スカーと手を組むハイエナたちのリーダー的存在であるシェンジの声を務めるのは、『ルパン三世』シリーズ(2011〜)の峰不二子(三代目)役や『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2018)で女戦士ヴァルキリーを演じた沢城みゆき。またシェンジの仲間のハイエナ・カマリを『デッドプール』シリーズ(2016〜)の主人公デッドプール役でおなじみの加瀬康之が演じるなど、個性豊かな豪華声優陣も集結している。

 そして今回の予告編では、俳優・江口洋介が迫力ある演技で王の座を狙うシンバの叔父スカーの声を演じているほか、シンバと冒険を繰り広げるおなじみのコンビ、プンバァ&ティモンの吹き替えを担当する、俳優・佐藤二朗&ミキ・亜生の2人が往年のヒット曲「ライオンは寝ている」を高らかに歌い上げる歌声も初披露となっている。

 映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

関連記事(外部サイト)