『なつぞら』夕見子・福地桃子の上京理由に視聴者騒然「若さって素晴らしい」

『なつぞら』夕見子・福地桃子の上京理由に視聴者騒然「若さって素晴らしい」

夕見子役を演じる福地桃子 クランクイン!

 広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第16週「なつよ、恋の季節が来た」(第91回)が15日に放送され、福地桃子演じる夕見子が北海道から上京した理由が明らかになると、SNS上には「若さって素晴らしい」「本気みたい」「考えがわからない」などの声が寄せられた。

 亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車に、なつ(広瀬すず)や咲太郎(岡田将生)、坂場(中川大志)、雪次郎(山田裕貴)たちが集まる。その中心にいるのは、北海道から上京している夕見子(福地桃子)。相変わらず独自の視点で恋愛について語っているが、なつにはまったく理解ができない。その夜、なつは夕見子に、どうして東京に来たのか、今どんな人と一緒にいるのか聞き出そうとするが…。

 上京してきた夕見子が誰と一緒かを心配するなつ。風車のカウンターにいたカスミ(戸田恵子)は夕見子に「駆け落ちでもしてきたの〜?」と声をかける。すると夕見子は「世間一般の目から見たらそういうことになりますかね」と応じる。この夕見子の言葉にネット上には「駆け落ちだと?」「駆け落ちしたのか夕見子」「昔の青春映画みたい」などの反響が集まった。

 同じ大学に通う男性と駆け落ちしてきたことを認めた夕見子。続けて彼女は、北海道の両親には何も告げずに2人で東京へ出てきたことも説明。高校生の頃、夕見子のことが好きだった雪次郎が彼女の後ろで呆然と話を聞いている様子に、SNS上には「雪次郎フリーズ」「固まってる」「雪次郎、かわいいなぁ(笑)」などの声が寄せられた。

 さらに夕見子は「世間とは関係なく生きられないから駆け落ちしたんです」と話すと「このまま北海道にいたらさ、親にもわかって“2人はどういう関係なんだ?”とか“結婚する気はあるのか?ないのか?”“認める”とか“認めない”とか、そういうことから自由になるためだわ!」と自分の想いを打ち明ける。この夕見子の決意に「ゆみちゃんは今恋に恋しちゃってる感じ?」「若さって素晴らしい」「北大やめてまで駆け落ちするか?考えがわからない」「今週は夕見子メインで回りそうな予感」「かなり本気みたい」などのツイートが投稿されていた。

関連記事(外部サイト)