『監察医 朝顔』上野樹里に風間俊介が“号泣プロポーズ” もらい泣きする視聴者続出

『監察医 朝顔』上野樹里に風間俊介が“号泣プロポーズ” もらい泣きする視聴者続出

ドラマ『監察医 朝顔』舞台挨拶に登場した上野樹里 クランクイン!

 女優の上野樹里が主演を務め、俳優の時任三郎と親子役で共演するドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が15日に放送され、新米刑事の桑原真也(風間俊介)が、交際中の万木朝顔(上野)にプロポーズするシーンに、SNS上には「泣いちゃう」「最高のプロポーズ」「幸せになってほしい」などの声が寄せられた。

 本作は「週刊漫画サンデー」で連載され人気を博した同名漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)をアレンジしてドラマ化。東日本大震災により母が行方不明となった新米法医学者・万木朝顔(上野)が、ベテラン刑事の父・万木平(時任)と共に、遺体の“生きた証”を見つけ出す姿を描いていく。

 朝顔(上野)が働く興雲大学の法医学教室にアルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。時給目当てで法医学に興味がなく、思ったことをすぐ口にする光子に呆気にとられる法医学教室の面々。しかし主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り採用する。同じころ、野毛山署強行犯係で平(時任)と桑原(風間)は、繁華街の路地裏で身元不明の男性の死体が発見されたという知らせを受け現場に急行する。

 もんじゃ焼き屋で夕食を共にした朝顔と桑原。桑原はハイボールを喉に流し込むと「僕と結婚してください!」と婚約指輪を差し出す。いきなりのプロポーズに静まり返る店内で、朝顔は「ここでプロポーズするかねぇ…」と彼のプロポーズにダメ出し。このシーンにネット上には「今ここで言うの?」「場所が…笑」「わたしはもんじゃ屋でもOKだぞ」などの声が集まった。

 後日、朝顔は桑原に自分の母親が東日本大震災以降行方不明になっていること、そして行方不明の母のために法医になると決意したことを告白。朝顔の話に号泣した桑原は「僕と結婚してください!」と改めてプロポーズ。桑原は「どうしても今言いたくなった」とつぶやくと、朝顔を抱きしめ、真剣な表情で「絶対に幸せにします」と告げる。このプロポーズにSNS上には「泣いちゃう」「最高のプロポーズやん」「桑原くん、泣くよね。俺も泣いてる」「朝顔、泣ける」といった声が殺到。さらに「めっちゃいいカップルだ」「幸せになってほしい」「この二人超絶お似合いだよ」などのツイートも多数寄せられた。

関連記事(外部サイト)