キアヌ・リーヴス『ジョン・ウィック』最新作、“ファミリー”集結の本ポスター到着

キアヌ・リーヴス『ジョン・ウィック』最新作、“ファミリー”集結の本ポスター到着

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』ポスタービジュアル(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 俳優のキアヌ・リーヴスが主演する『ジョン・ウィック』シリーズの最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』の日本公開が10月4日に決定。あわせて、孤独な戦いに挑むジョン・ウィックのもとに仲間たちが集結する本ポスターが到着した。

 2015年に日本で公開された『ジョン・ウィック』がスマッシュヒットを記録し、2017年に公開された続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は全米でオープニングから8日間で1作目の2倍以上の成績を記録。前作から2年、復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックが最後の戦いに挑む。

 シリーズを通して伝説の殺し屋ジョン・ウィックを演じるのは、全てのアクションをノースタントでこなしてきたキアヌ・リーヴス。さらに、前作に引き続きイアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンが出演することが決まっているほか、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女・ソフィア役にハル・ベリーの参加も決定している。監督は、前2作に引き続きチャド・スタエルスキが続投。

 本作の日本公開日が10月4日に決定するとともに、本ポスターが解禁。新たに参戦するハル・ベリー演じる謎の女ソフィアをはじめ、コンチネンタルホテル・ニューヨークの支配人・ウィンストン(イアン・マクシェーン)など、敵か味方かも曖昧な彼らが“ジョン・ウィックファミリー”として、ジョンのもとに集結して立ち並ぶ、圧巻の仕上がりとなっている。『世界はお前を許さない』という、これまで忠誠を誓ってきた世界から追いつめられるジョンの窮状を表したコピーが添えられ、ジョン・ウィックVS主席連合の死闘の幕明けを期待させるポスターとなっている。

 さらに、ジョン・ウィック特製の「アサシンカウンター」付ムビチケの発売が決定。ファンの間では本編の中で何人殺されたかをカウントする“キルカウント”が恒例のお楽しみだが、そのカウントをお助けするグッズとなっている。

 映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)