町田啓太、清原果耶の俊敏な殺陣で危機感「僕が鈍い動きしていたらマズい!」

町田啓太、清原果耶の俊敏な殺陣で危機感「僕が鈍い動きしていたらマズい!」

BS時代劇『螢草 菜々の剣』記者会見に登場した清原果耶、町田啓太 クランクイン!

 女優の清原果耶と俳優の町田啓太が18日、都内でBS時代劇『螢草 菜々の剣』(全7回)の会見に出席。時代劇ならではの苦労などを和やかに語った。

 同作は、奉公する女中にスポットを当てた時代劇。16歳の菜々(清原)が、奉公先の主人・風早市之進(町田)とその子どもたちを守ろうと奮闘する姿を描く。

 今回の会見には清原や町田のほか、演出の岡田健氏、NHKの制作統括・陸田元一氏が出席した。

 風早家の奉公人にして、元武家の娘・菜々を演じた清原は、本作について「テンポ感が潔いドラマ」と評価。「時代劇の現場にしっかり入ったのは、この作品が初めてで。『時代劇には時代劇のお芝居がある』と初めて知って、そこの勉強から入りました。1話を撮っていたときは、毎日眉間にしわを寄せながらやってました」と明かした。

 着物で長時間締めつけられて呼吸が浅くなり、「息遣いが荒くなるシーンは『苦しいこれ! 本当にツラい!』と思いました」と笑う。「最近は現代劇が多かったので、時代を感じさせる動きと、いかに自分の感情をマッチさせて出る自然な動きを出すか、考えて作り込んだりしました」と振り返った。久しぶりに取り組んだという殺陣は「全然身体が動かなかったです。まず、お着物を着てする殺陣があんなに難しいとは思わなかった。足がまったく開かないですし。とまどいながら練習をしました」と話した。

 藩の不正を正そうとする市之進役の町田は「出てくる人物たちも色とりどり。時代劇なのにさわやかで、温かくて、エンタメ感が散りばめられています」と本作を評価。初めての父親役は「子どもがいる状況の中でご飯を食べ、そして女中さんとどういう風な会話をすればいいのかが難しかったです」と苦労を語った。

 清原の演技については「スゴい芯をとらえています。安心して見られる」と信頼感を寄せ、さらに清原の殺陣を見て「めちゃくちゃ俊敏に動いていました。『僕のほうが鈍い動きしていたらマズい!』と思いながらやっていました」と笑顔まじりで明かした。

 BS時代劇『螢草 菜々の剣』は、BSプレミアムにて7月26日より毎週金曜20時放送。

関連記事(外部サイト)