白石聖、松田るか、天木じゅん、地下アイドルグループ結成!? MV公開

白石聖、松田るか、天木じゅん、地下アイドルグループ結成!? MV公開

よるドラ『だから私は推しました』に登場する地下アイドル「サニーサイドアップ」ビジュアル(C)NHK

 女優の桜井ユキが地下アイドルにはまったOL役で主演を務める、7月27日スタートのドラマ『だから私は推しました』(NHK総合/毎週土曜23時30分)。今作に登場する、白石聖、松田るか、田中珠里、松川星、天木じゅんら5人が演じる地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」が、ドラマの放送に先駆けて“超期間限定アイドル”として実際に活動していくことが決定し、オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオを公式ツイッターで公開した。

 本作は、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』『腐女子、うっかりゲイに告る。』に続くNHK「よるドラ」第3弾。生きづらさを抱える中で一人の地下アイドルと出会い、愛したものへと突き進むOLの転落と成長を、地下のディープな世界の中で描いていく。脚本は『JIN‐仁‐』『義母と娘のブルース』の森下佳子。

 劇中で主人公がはまる「サニーサイドアップ」は、20歳前後のメンバーから成る地下アイドルグループ。メンバーは歌唱力抜群のセンターでリーダーの原花梨(松田るか)、クールビューティーの那須凛怜(田中珠里)、ふんわりお嬢様キャラの麦田詩織(松川星)、元気印の玉路紀子(天木じゅん)、ダンスも歌もダメで人見知りだが心に秘めた思いは人一倍の栗本ハナ(白石聖)の5人組だ。今回公開された「おちゃのこサニサイ」ミュージックビデオでは、白いシャツと黄色いキュロットスカートに身を包んだメンバーが公園内で元気に歌って踊る姿が収められている。

 松田は本作について「この作品はただ単にアイドルを描くに留まらず、推す側の想いや葛藤、アイドルとオタクの関係、推すとは何なのか、推した先には何があるのか?今までと一味違った作品であり、それなのに妙にリアルで見た事のある光景が広がる、とても不思議で面白い作品になっていると思います」とコメント。

 アイドルグループ「X21」の元メンバーだった田中は「元アイドルだからこそ、アイドルの面白さを伝えたい。歌って踊ることが、どれだけ沢山の人の心に響くのか、それで私達がどれだけパワーを貰ってるのか、私は1番知っています」と力強く語る。

 松川は「元々オタクをしているくらいアイドルが好きなので、一生できないと思っていたアイドル役を、こうしてできることにとてもワクワクしています」と喜びのコメント。天木は「地下アイドルの裏側や、アイドルとオタの熱い関係性など知って、笑い、涙してもらえたら嬉しいです」と語り、白石は「ハナは人として少し弱い部分もありますが、カッコ悪くても不器用なりに頑張っている姿が素敵な子だと思います。推すことの愛が一人でも多くの方に届けば良いなと思います」とメッセージを寄せている。

 サニーサイドアップ公式ツイッターでは、毎週放送されるドラマの内容と連動しながら、ドラマでは描かれないメンバーそれぞれの目線のリアルな生活や努力、葛藤を発信していく予定。

 よるドラ『だから私は推しました』は、NHK総合にて7月27日より毎週土曜23時30分放送。

関連記事(外部サイト)