浜辺美波「共通点はございません!」 売れない腹黒アイドル役に

浜辺美波「共通点はございません!」 売れない腹黒アイドル役に

ドラマ『ピュア! 〜一日アイドル署長の事件簿〜』記者会見にて クランクイン!

 女優の浜辺美波が、俳優の東出昌大と共に25日、都内で開催された特集ドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿〜』(NHK総合)試写会に出席。今回、演じる売れない腹黒アイドル役との共通点を聞かれ、「共通点はございません!」と宣言し、会場の笑いを誘う一幕があった。

 『TRICK』シリーズの蒔田光治が脚本を務める本作は、なかなか売れないちょっと腹黒い女性アイドル・黒薔薇純子(浜辺)と警視庁捜査一課の東堂刑事(東出)の凸凹コンビが、たった一日で難事件を解決してしまうという推理エンターテインメントドラマ。

 浜辺は台本を読んだときの心境を「シュールな作品ですごく面白かった」と明かし、「台本が面白いと逆に現場でどうしようか迷うことも多いんですけど、監督をはじめたくさんのスタッフ方に支えていただき完走しました」と感慨深い様子。また、「ちょうどいいシュールさが出て、家族で楽しめる作品になったと思う」と胸を張り、東出も1話の感想を「ミステリーだけど、実にバカバカしくて見た後に何も残らないです(笑)。けど、それくらいバカバカしいものもあってもいいのかなと思った」と作品の出来に自信をのぞかせた。

 今回、浜辺は腹黒アイドル役を演じるが「コメディーなので、やりすぎないように気を付けました。ただの腹黒ではなく、売れない理由が皆さんに分かってもらえるよう、ちょっとおバカな感じを出しました」と役作りについて明かし、役との共通点を聞かれ「ございません」と笑顔で断言。風変りな刑事を演じた東出も「共通点はありません」と続き、「でも楽しかったです」と笑顔を見せた。

 撮影は濃いシーンばかりだったそうで、浜辺は「売れないアイドルで、子どもたちに無視をされるシーンは、子どもたちが容赦なく無視をするので、辛かったですね」と回顧。そんな変わった役を演じる浜辺と演技を見て、東出は「素晴らしい女優」だと感じたといい、「ああいう役は、かわいさや天真らんまんさだけでなく、精神的な強さも絶対必要。心ないことも言われることもあるかもしれないけど、みんなのためにという固い意志みたいなものがあるから、キャリアを積んでいけるし、座長も務められると思う」と賛辞の言葉を。それを受け、浜辺は「ありがたいです」と恐縮しつつ、「うれしいですし、改めて背筋を伸ばして頑張っていきたい」と誓っていた。

 特集ドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿〜』はNHK総合にて8月13日〜15日3夜連続で22時放送。

関連記事(外部サイト)