エミー賞19ノミネート! 衝撃の実録ドラマ『チェルノブイリ』9.25日本初放送

エミー賞19ノミネート! 衝撃の実録ドラマ『チェルノブイリ』9.25日本初放送

実録ドラマ『チェルノブイリ』場面写真(C) 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

 第71回エミー賞で19ノミネートを果たした米HBOの実録ドラマ『チェルノブイリ』が、9月25日よりBS10スターチャンネルで日本初放送されることが決定した。

 今年5月よりアメリカやイギリスで放送され、その衝撃的なテーマと作品としての完成度の高さで話題を集めた本作は、1986年4月26日に旧ソビエト社会主義共和国連邦のチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故の真実に迫る実録ドラマ。未曾有の原発事故の発生に、冷戦下の旧ソビエト政府が事態を隠ぺいしようとする中、被害の拡大を少しでも抑えようと必死に戦った英雄たちを描く。

 旧ソビエト政府に調査を委任された科学者ヴァレリー・レガソフ役をジャレッド・ハリス、ゴルバチョフ書記長に現場の対応を任された副議長ボリス・シチェルビナ役をステラン・スカルスガルドが担当。事故の真相解明に奔走した多くの核物理学者たちからインスパイアされた、架空のキャラクターである核物理学者ウラナ・ホミョク役をエミリー・ワトソンが演じる。監督は海外ドラマ『ウォーキング・デッド』や『ブレイキング・バッド』のエピソード監督を担当したヨハン・レンク。

 綿密な取材に基づき、廃炉となったリトアニアの原子力発電所でロケを敢行して緊迫の一部始終を描き上げた本作は、アメリカのIMDbのレビューにて、大ヒットドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』を超えて海外ドラマ史上最高評価となる9.7点を獲得している。

 第71回エミー賞では、リミテッドシリーズ部門にて、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(ジャレッド)、助演女優賞(エミリー)、助演男優賞(ステラン)ほか計19ノミネートされている。

 海外ドラマ『チェルノブイリ』(全5話)は、BS10スターチャンネルにて9月25日より独占日本初放送。

関連記事(外部サイト)