平野紫耀、橋本環奈らに天然エピソード暴露されタジタジ

平野紫耀、橋本環奈らに天然エピソード暴露されタジタジ

『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』完成披露舞台挨拶にて クランクイン!

 King & Princeの平野紫耀が7日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』完成披露舞台挨拶に出席。共演者から天然ぶりを暴露され、タジタジになるシーンが見られた。

 本作は、週刊ヤングジャンプに連載され、高い人気を誇っている赤坂アカの人気コミックを実写映画化。生徒会長の白銀御行(平野)と副会長の四宮かぐや(橋本環奈)が、互いに惹かれ合っているものの、プライドが邪魔して「相手に告白させよう」と頭脳戦を繰り広げる姿を描いたラブコメディ。舞台挨拶には平野のほか、橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、河合勇人監督も登壇した。
 
 初共演となった平野と橋本。橋本は平野に対して「このまんま。テレビで見ている印象とまったく変わりませんでした」と裏表がないことを明かすと「撮影中は、いろいろなところで天才ぶりを発揮していました」と語る。続けて橋本は「天才にもいろいろありますが、変わったタイプの天才」と強調すると、撮影中、平野がセリフを間違えたにも関わらず、それに気づかずシーンを続けるというエピソードを披露する。
 
 橋本の発言に佐野も「(天才的エピソードが)ありすぎますね」と追随すると「(佐野が演じた石上優という役に対して)『おい石上!』というシーンがあるのですが、いきなり音声さんの名前を言い出すんです。あまりに予想していなかったので、びっくりしてしまいました」と暴露。
 
 そんな共演者たちの発言に「自覚がないですね」と涼しい顔の平野だったが、橋本の印象を聞かれると「僕は逆で、テレビで拝見していると女優さんらしい、上品な方なのかなと思ったのですが……」と話し出す。他の共演者から「その流れだと上品の反対ということじゃ……」と突っ込まれると、慌てて平野は「そうではなくて、どんな方とも壁を作らないところがすごいと思う。それでいて『親しきなかにも礼儀あり』的な部分もしっかりあるんです」とフォローし、客席を沸かせていた。
 
 またイベント後半には、作品にちなんで「告りたい派」か「告らせたい派」かを答えるコーナーも。平野は「自分の中のルールがあります」と語ると「告白するのは男からいくものだと思うんです」とビシッと男らしい発言をしていた。

 映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、9月6日公開。

関連記事(外部サイト)