磯村勇斗、『時効警察はじめました』新レギュラーに 又来の息子役

磯村勇斗、『時効警察はじめました』新レギュラーに 又来の息子役

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(左から)麻生久美子、磯村勇斗、オダギリジョー(C)テレビ朝日

 俳優のオダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察』シリーズ(テレビ朝日系)が、『時効警察はじめました』のタイトルで12年ぶりに復活。10月より放送される同作で、俳優の磯村勇斗が、ふせえり演じる又来の息子役で新レギュラーを務めることが発表された。

 本作は、総武警察署の時効管理課に勤務する霧山修一朗(オダギリ)が、交通課の三日月しずか(麻生久美子)を助手として、時効になった事件を趣味で捜査する脱力コメディー。温和な無秩序課長・熊本(岩松了)、無類のイタズラ好き・又来(ふせえり)、人生の99%が無表情なサネイエ(江口のりこ)ら時効管理課の面々や、トレンチコート命の残念エース刑事・十文字疾風(豊原功補)&いい加減を極める先輩刑事・蜂須賀(緋田康人)、ちゃっかり鑑識官・諸沢(光石研)、そしてナレーターの由紀さおりと、おなじみのレギュラー陣も12年ぶりに再結集する。

 さらに、吉岡里帆が新人刑事・彩雲真空役を担当するほか、総武署・交通課の女性警官・浜田山を内藤理沙が、同じく交通課の女性警官・久我山を田中真琴が演じる。

 磯村が演じるのは、霧山と同じ総武署・時効管理課に所属する又来の息子・又来康知役。総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも“無料”で協力する。聡明で優秀な理系男子で、署の女性陣からも熱い視線を注がれているが、実は元ツッパリ。ほかにも意外な過去や趣味をたくさん持っているというキャラクターだ。

 12年前から『時効警察』が好きだったという磯村は「『ついに皆さんとご一緒させていただける機会が来たのか!』と、うれしかったです。霧山さんと三日月さんのペアがとても微笑ましくて大好きだったんですけど、今回は2人の関係性を目の前で拝見できて、すごく素敵な現場にいるな、と感じています」と喜びのコメント。

 共演のオダギリと麻生について「憧れのオダギリさんとの初共演に最初すごく緊張しました。オダギリさんは穏やかな方で、撮影合間も一緒にお話をしてくださるんですけど、やっぱり今でも一方的に緊張します(笑)。麻生さんも本当におきれいな上に、“永遠の10代”みたいな可愛い仕草が素敵で…!」と現場での印象を明かす。

 自身が演じる、「元ツッパリ」という設定の康知については「僕も康知も年齢的にはツッパリ世代じゃないはずなんですけど(笑)、わざわざ時代をさかのぼって“昭和ど真ん中のツッパリ”をやる…というボケがたまらない! すごくブレブレで、ツッコミどころが多い人だなって、面白くなりました」と手応えをにじませ、「力を入れすぎるわけでもなく、力を抜くわけでもない。『時効』の空気感に馴染むには、糸をピンと張りつつも、どこか弛むような余裕を残さなきゃいけないと思いながら臨んでいますね」と演じるうえで心掛けていることを語った。

 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』はテレビ朝日系にて10月より毎週金曜23時15分放送。

関連記事(外部サイト)