ピクサー最新作『2分の1の魔法』公開決定 魔法が消えかけた世界を描く

ピクサー最新作『2分の1の魔法』公開決定 魔法が消えかけた世界を描く

映画『2分の1の魔法』ポスタービジュアル(C)2019 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

 『トイ・ストーリー4』に続くディズニー/ピクサーのアニメ映画最新作『Onward』(原題)が、『2分の1の魔法』の邦題で2020年3月13日より日本で公開されることが決定。特報とポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、魔法が消えかけた世界を舞台に、魔法が使えない内気な少年イアンと好奇心旺盛な兄バーリーの兄弟による冒険の旅を描く。イアンは自分が生まれる前に亡くなった父に一目会うため、兄のバーリーと共に、魔法を取り戻す冒険に出る。弟イアン役に『スパイダーマン』シリーズでスパイダーマンを演じるトム・ホランド、兄バーリー役に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』シリーズのクリス・プラットと、マーベル・スタジオ作品でもおなじみで、笑いも感動も得意とする人気実力派俳優2人が絶妙な掛け合いで兄弟役を演じる。監督は『モンスターズ・ユニバーシティ』(13)のダン・スキャンロン。若い頃に父親を失った監督自身の体験がストーリーの元になっている。

 特報では冒頭から、小人や妖精たちが暮らす不思議な世界が登場。美しい大自然を背景に、ユニコーンのような角を持つ美しい白馬のペガサスが空を飛び、色とりどりの尾びれを持つマーメイドたちが自由を満喫し、神秘的な魔法が満ちあふれるシーンが描かれる。だが、それははるか昔の話。科学や技術が進歩するにつれ、小人や妖精たちも便利な生活に慣れ、この世界から魔法は消えてしまった。次のシーンで空を飛んでいるのはペガサスではなくジャンボジェット機。現在では、美しい白馬のペガサスは “野良ペガサス”となり、街でゴミをあさる迷惑な存在に─。

 ポスターではイアンとバーリーの兄弟が崖の上に止めた車の屋根から夜の街を見下ろす姿に、「少しの魔法があれば、世界は変えられる。」というキャッチコピーが添えられており、かつては魔法があふれていたが、技術が進歩し神秘的な魔法が消えかけてしまったら?という、ピクサーらしいイマジネーションあふれる世界観を表現している。

 映画『2分の1の魔法』は2020年3月13日より全国公開。

関連記事(外部サイト)