『ルパンの娘』田中みな実、網タイツ&ボンテージ姿が大好評 深田恭子と夢の対決も

『ルパンの娘』田中みな実、網タイツ&ボンテージ姿が大好評 深田恭子と夢の対決も

『ルパンの娘』第5話ゲスト、田中みな実場面写真(C)フジテレビ

 女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が8日に放送され、フリーアナウンサーの田中みな実が演じた女泥棒・美羽がクライマックスでボンテージ・ファッションを披露すると「最高かよ!!」「セクシーやな〜」「色気すごい」などの声がSNSに寄せられた。

 正体を偽っていたことを和馬(瀬戸康史)に謝ろうとする華(深田)だが、先に頭を下げたのは和馬だった。和馬はエミリ(岸井ゆきの)と見合いをしたことを話して華に詫びるのだが…。一方、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットとして、世界各国の男にすり寄り金品を奪う女泥棒・美羽(田中)から200億円相当の伝説のダイヤモンドを奪う計画を練っていた。

 冒頭、和馬の先輩刑事・巻(加藤諒)がバーで葉巻をくゆらせていると、そこにやってきた美羽がボディラインの強調されたタイトなワンピースで彼を誘惑。彼女は巻と目が合うと「隣、いいかしら?」と甘えた声で聞くと、親指で彼の眉をなでながら耳元で「かわいい眉毛…」とささやく。美羽役の田中の登場に「ハマり役!!笑」「みなみ嬢の起用の仕方が満点」といった声がネット上に集まった。

 美羽とその手下は“Lの一族”の情報を得るために和馬を拘束。和馬の前に現れた美羽は、胸の谷間が強調された黒のラバードレスに網タイツというボンテージ・ファッションで登場。鞭を片手に脚を組み替えながらLの一族について「邪魔なのよ! 奴らの存在が!!」と言い放つ。美雨の姿に「ボンテージ姿の田中みな実とか!!最高かよ!!」「色気すごい」「胸にしか目がいかねー」などのツイートが殺到した。

 クライマックスは和馬を助けにきた華と美羽の直接対決。泥棒スーツに身を包んだ深田とボンテージ・ファッションの田中によるスピード感あふれるアクションシーンに「美と美、色気と色気の対決」「深田恭子様と田中みな実様…最強」「深キョンも田中みな実もかっこいいわ…」といった称賛がSNSに寄せられた。

関連記事(外部サイト)