今夜の『TWO WEEKS』三浦春馬、因縁の相手・村上淳に遭遇し…

今夜の『TWO WEEKS』三浦春馬、因縁の相手・村上淳に遭遇し…

『TWO WEEKS』第5話場面写真 (C)カンテレ

 俳優の三浦春馬が主演を務めるドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)第5話が本日13日放送される。第5話では、三浦春馬演じる結城大地が、かつて自身の服役するきっかけを作った男と遭遇することになる。

 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦春馬演じる結城が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦春馬のほか、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。

 有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。警察は逮捕のチャンスとばかりに必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。一方で、楓(芳根)や柴崎(高嶋)、すみれ(比嘉)もまた、結城の行方をめぐり、それぞれ焦りと不安を感じ始めていた。

 港に打ち上げられ、なんとか命拾いした結城は室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。目を覚ました結城は、ケガの手当てをしてくれた室岡に礼を言うが、その顔を見てハッとする。室岡は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけを作った因縁の男だったのだ…。

 その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれのもとに、楓が訪ねてくる。「真実を解き明かしたい」という楓の力強い言葉にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、娘のはな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。すみれの話から、結城の言葉の信ぴょう性が高いと判断した楓は、結城が逃げながらえん罪を晴らそうとしているのではないか、と推測する。

 ドラマ『TWO WEEKS』第5話は、カンテレ・フジテレビ系にて本日8月13日21時放送。

関連記事(外部サイト)