吉田鋼太郎、田中圭&林遣都に「いつも仲良くしている」と嫉妬!?

吉田鋼太郎、田中圭&林遣都に「いつも仲良くしている」と嫉妬!?

『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』おっさんずフェスにて クランクイン!

 俳優の田中圭、林遣都、吉田鋼太郎が13日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』おっさんずフェスのトークイベントに浴衣姿で登壇。会場に集まったファンの熱量に笑顔を見せながら、撮影でのエピソードを明かした。

 モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。イベントには、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉(アンジャッシュ)、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、瑠東東一郎監督も出席した。
 
 劇場版での撮影は「毎日楽しかった」と言う田中。林を見ながら「お泊りロケも楽しかったよね。初めて真面目な話したよね」と問いかけると、林も「平成最後の満月の夜でしたね」とニッコリ。そのロケは真島と金子らも参加したそうだが吉田は参加できなかったそうで、吉田は「(自身が)いつもいないんだよね。いつもこの2人が(田中と林が)仲良くしてるんだよね」と笑いながら明かしていた。

 劇場版からの参加になる沢村と志尊。会場に集まったファンの声援を受け、沢村は「熱量がすごい、温かい拍手にホッとしました」と興奮しながら明かし、志尊も「不安もあったけど、皆さんの熱量を受けうれしい」と満面の笑みを見せた。

 劇中では田中、林、沢村、志尊、吉田がそろうサウナのシーンがあるが、吉田はそのシーンについて「すごく大変だったんだけど、すごくやり切ったんでいろんな意味でお楽しみです」とニヤリ。それを受けて、沢村も「多分DVDになったときはモザイク入るけど、劇場版では入らない」とあおり、田中が「適当なこと言わないでください!」と慌てて突っ込み、会場の笑いを誘っていた。

 最後に瑠東監督が「(キャストに)熱く演じきってもらった作品」と断言すると、田中も「ドラマでやりきったと思ってたけど、皆さんに支えられて『おっさんずラブ』という作品が成長して、全員そろってパワーアップして戻ってこれました。僕らができるすべての笑いと愛情が詰め込まれてる。大きなこと言いますが、この作品が大きくなると、日本が温かく愛情に溢れると思う」と胸を張ってアピールしていた。

 『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』は、8月23日より全国公開。

関連記事(外部サイト)