今夜の『べしゃり暮らし』間宮祥太朗の父、お笑いが嫌いな理由…“因縁の相手”と再会

今夜の『べしゃり暮らし』間宮祥太朗の父、お笑いが嫌いな理由…“因縁の相手”と再会

土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』第4話場面写真(C)テレビ朝日 (C)森田まさのり・スタジオヒットマン /集英社

 俳優の間宮祥太朗が主演を務め、渡辺大知と共に高校生漫才コンビを演じるドラマ『べしゃり暮らし』第4話が今夜放送される。第4話では、圭右の父・潔(寺島進)がお笑いを嫌いになった理由が明らかになる。

 人気漫画家・森田まさのりによる同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺)と出会うところから始まり、やがて圭右が辻本と漫才コンビ「きそばAT(オートマティック)」を結成し、厳しい漫才の道へ踏み出していく姿を描く。

 解散した漫才コンビ・ねずみ花火の根津(田中幸太朗)と、姉・しのぶ(徳永えり)が交際しているのを知った圭右。実は10年前、ねずみ花火からネタでいじられたのをきっかけに、実家のそば屋・きそば上妻は客が激減。圭右の母・美津子(篠原ゆき子)は、家計を支えるために外へ働きに出て、無理がたたり亡くなったのだった。

 そんな因縁の相手・根津としのぶが付き合っていると父・潔(寺島)が知れば、ただでは済まない。そのうえ芸人時代の根津には女性絡みの悪い噂もたくさんあったため、姉の幸せを願う圭右は気が気ではない。辻本(渡辺)らと一緒にしのぶと根津を見張ることにする。

 そんななか、現れたはるみ(遊井亮子)は根津に言い寄り、元カノが復縁を迫っていると思った圭右は、怒りを抑えきれず、根津を殴り飛ばす。しかし実は、はるみは根津の元マネージャーで、お笑いの世界へ復帰するよう説得していたのだ。根津のゴシップも事実とは異なると分かり、圭右は自分の勘違いに気まずさを感じる。

 しのぶを本気で思う根津は意を決し、元相方で現在はピン芸人の花田(駒木根隆介)と、きそば上妻へ謝罪に出向く。

 一方、花田の単独ライブに招待された圭右と辻本。機材不具合のため開演が遅れ、急きょ、前説として出演することになった2人は会場を爆笑させられるのか…。

 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』第4話は、テレビ朝日系にて本日8月17日23時45分放送。


関連記事(外部サイト)