反町隆史『リーガル・ハート』、最終章に仙道敦子、武田航平ら出演決定

反町隆史『リーガル・ハート』、最終章に仙道敦子、武田航平ら出演決定

ドラマBiz『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』第6話・最終話ゲスト陣(上段左から)仙道敦子、升毅、田島令子、(下段左から)天野浩成、武田航平、水橋研二(C)テレビ東京

 俳優の反町隆史が主演を務めるドラマBiz『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の第6話と最終話に、仙道敦子、升毅など、豪華ゲストが出演することが発表された。反町扮する再建弁護士に史上最大のピンチが訪れる。

 本作は、中小企業の会社再建に心血を注ぐ弁護士・村越誠一の奮闘を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。村松氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。主人公の村越弁護士を反町が演じるほか、女優の小池栄子、俳優の堀井新太、橋爪功が脇を固める。

 最終章となる、第6話・最終話(8月26日、9月2日放送)では、村越誠一(反町)が、経営悪化に加え、創業家とのトラブルに悩む介護施設「つむぎの丘」の再建に挑む。発表されたのはゲスト出演する6名。老人介護施設の代表取締役社長・早川菜津子役を仙道が演じ、村越との過去に因縁を持つ相手側の弁護士・宇治川剛志役を升が、その部下の坪井役に武田航平、「つむぎの丘」の創業家一族の女帝として君臨する榎本洋子役に田島令子、洋子の息子の榎本宏光役に天野浩成、その榎本家の使用人で秘書の下辺役に水橋研二が扮する。

 仙道は「もう既に何ヵ月か戦ってきたチームワークの熱量が感じられ、主演の反町さんは正に再建弁護士、村越誠一として存在して下さいました」とコメント。「彼女の抱えるとてつもなく大きな苦悩であったり、初めて口にする様な会社再建にあたっての専門用語などがあり苦戦しましたが、リアルな問題解決の流れの中に本気で向き合い共に戦って下さる村越さんの姿に感動しました。人間ドラマを、是非観て頂きたいと思います」と意気込みを語った。

 升は「顔馴染みのキャストさん、スタッフの皆さんとお仕事出来て、とても幸せでした。専門用語が多く、しかも敏腕弁護士という事で、大量の台詞を澱みなく、聞くものに理解出来るように!が、なかなか大変でした」と振り返り、「男と男のしのぎを削るぶつかり合い、その結末を堪能して頂きたいです」と見どころをアピールした。

 ドラマBiz『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』第6話、最終話は、テレビ東京系にて8月26日、9月2日22時放送。

関連記事(外部サイト)