【映画ランキング】『ライオン・キング』が首位奪取!『天気の子』は100億円間近

【映画ランキング】『ライオン・キング』が首位奪取!『天気の子』は100億円間近

8月17日〜18日全国映画動員ランキング1位:『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 8月17〜18日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開2週目を迎えた『ライオン・キング』が、週末土日動員42万4000人、興収6億2800万円をあげ首位奪還。公開週と比べても動員比85.3%、興収比で86.2%と健闘しており、累計では動員236万人、興収33億円を突破している。

 2位は公開5週目を迎えた『天気の子』が、週末土日動員38万4000人、興収5億3300万円をあげ、先週からワンランクアップ。累計では動員717万人、興収96億円を超えており、新海誠監督は2作続けての100億円突破は確実となった。歴代興収ランキングでも『ジュラシック・ワールド』を抜いて、歴代38位に位置している。

 3位は先週1位から2ランクダウンの『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』。週末土日動員は32万3000人、興収4億5000万円。累計では動員250万人、興収33億円が目前で、非常に高い数字を記録している。公開6週目を迎えた『トイ・ストーリー4』は、週末土日動員20万人、興収2億6200万円をあげ4位。累計では動員679万人、興収87億円を突破し、歴代興収ランキングでは56位になった。5位は公開3週目の『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が、週末土日動員13万8000人、興収2億700万円をあげランクイン。累計では動員164万人、興収23億円を突破した。

 そのほか、公開4週目の6位『ペット2』が、累計動員140万人、興収16億円、同じく公開4週目の7位『アルキメデスの大戦』が累計動員124万人、興収15億円、公開6週目の8位『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が累計動員216万人、興収26億円を突破している。

 今週の初登場は、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』が10位。邦画の実写は『アルキメデスの大戦』と『ダンスウィズミー』の2作のみとなった。

 8月17日〜18日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:ライオン・キング
第2位:天気の子
第3位:劇場版 ONE PIECE STAMPEDE
第4位:トイ・ストーリー4
第5位:ワイルド・スピード/スーパーコンボ
第6位:ペット2
第7位:アルキメデスの大戦
第8位:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
第9位:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
第10位:ダンスウィズミー

関連記事(外部サイト)