高良健吾、池田エライザ監督作『夏、至るころ』に出演 主人公を導く教師役

高良健吾、池田エライザ監督作『夏、至るころ』に出演 主人公を導く教師役

映画『夏、至るころ』に出演する高良健吾

 女優の池田エライザが初監督を務める映画『夏、至るころ』に、俳優の高良健吾が出演することが決まった。

 本作は、地域の“食”や“高校生”をキーワードに全国の自治体参加型でつくる映画“ぼくらのレシピ図鑑シリーズ”の第2弾(第1弾は兵庫県加古川市を舞台にした映画『36.8℃サンジュウロクドハチブ』安田真奈監督・脚本)。福岡県田川市を舞台に、幼なじみの少年2人と不思議な少女が出会ったひと夏の胸騒ぎを、美しい田川の風景と力強い和太鼓が奏でる情緒的な音楽にのせて描く。

 主人公・翔を演じるのは、今作が映画初主演となる倉悠貴。他のメインキャストには、全国2012人のオーディションから選ばれ、今作がデビュー作となる新人・石内呂依、AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい3』や CM「ほっともっと」に出演するさいとうなりといったフレッシュな顔ぶれが並ぶ。さらに、主人公の父親役を安部賢一、母親役を杉野希妃、祖父役をリリー・フランキー、祖母役を原日出子、祖父を昔からよく知るペットショップの店長役をミュージシャンの大塚まさじが演じる。

 田川の町で育った翔(倉)は高校生活最後の夏を迎え、これからもずっと一緒だと思っていた幼なじみの泰我(石内)と将来についての考え方が少しずつすれ違い始める。そして2人の前に突如現れた、少し年上の不思議な少女・都(さいとう)との出会いで、翔の頭の中はさらにぐじゃぐじゃとなる。そんな翔に、前に進むためのヒントを投げかけてくれる重要な倫理の先生役を、高良が演じる。

 池田監督は高良について「以前共演させていただいたときに、お芝居や映画への深いリスペクトと愛情を感じて、是非、この作品にも出演していただけないだろうかと思っておりました。高良さんの誠実さや心のあたたかさは、主人公の翔を導く小林先生にぴったりだと感じています。そしてこの作品を快く受けてくださったことに感謝しています」とコメントしている。

 映画『夏、至るころ』は2020年夏公開予定。

関連記事(外部サイト)