西島秀俊&伊藤淳史、息の合ったコンビぶり「あっくんが死ぬとヒットする」

西島秀俊&伊藤淳史、息の合ったコンビぶり「あっくんが死ぬとヒットする」

映画『任侠学園』完成披露試写会にて クランクイン!

 俳優の西島秀俊が26日、都内で行われた映画『任侠学園』の完成披露試写会に出席。共演の伊藤淳史と息のあったコンビネーションを見せ、笑いを誘った。

 イベントには西島と伊藤のほか、W主演の西田敏行、共演の葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子、生瀬勝久、木村ひさし監督が登壇した。

 同作は今野敏による小説『任侠』シリーズ(中公文庫)の映画化。社会奉仕がモットーの地元密着型任侠団体“阿岐本組”が義理と人情を武器に、困っている人たちをボランティア精神で助ける物語となっている。

 ヤクザ役について西島は、ドラマ『ダブルフェイス』で、ヤクザでありながら刑事という役を演じたことがあると回顧。また、伊藤に「いました、弟分で。死んだよね?(笑)」と語りかけ、会場の笑いを誘った。伊藤は「あの頃は僕が死ぬとドラマがおもしろくなるって言われ方をしてた時期」とコメントし、西島も「そうそう、あっくんが死ぬとヒットするっていう」と同調。伊藤は「今回は生きてるなあ」と冗談混じりに話し、会場を盛り上げた。

 さらに西島は“阿岐本組”は普通のヤクザではないと説明。西島が「白竜さんとか本物の…」とコメントするやいなや会場からは爆笑が起こり、西島は「違う! 違うよ!?(笑)」と弁解。続けて「本当に恐いヤクザの人たちと戦わざるをえなくなるという。タイムスリップしてきたような義理と人情に熱い真面目なヤクザという役なので」と役柄について解説した。

 イベントでは自分自身のモットーについて語る場面も。伊藤はリップクリームを常に持ち歩いていると話し「これがないと大変なことになるんですよ、焦る」と説明した。忘れると家に取りに帰るほどだと明かし「出来ればポケットに1個、バッグに1個、家には新品が5個」とこだわりぶりを告白。これにはキャスト陣も観客も驚き、伊藤は葉山に「女子力高いですね」とツッコまれていた。

 映画『任侠学園』は、9月27日公開。

関連記事(外部サイト)