遠野なぎこ、『ルパンの娘』ゲスト出演 場末のスナックのママ役

遠野なぎこ、『ルパンの娘』ゲスト出演 場末のスナックのママ役

『ルパンの娘』第8話場面写真(左から)深田恭子、遠野なぎこ(C)フジテレビ

 女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第8話(8月29日)に、女優の遠野なぎこがメインゲストとして出演することが発表された。指名手配された主人公・華(深田)を助ける場末のスナックのママを演じる。遠野は7月18日放送のバラエティー番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で行われた本作のオーディションに合格し、出演権を獲得した。

 本作は、横関大の同名小説(講談社文庫)をドラマ化したラブコメディー。代々泥棒一家の娘・三雲華と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描く。

 遠野が演じるのは、場末のスナックのママ・薄井佐知。警察から指名手配された華は街をさまよううちに倒れてしまう。目を覚ましたのは佐知のスナックだった。華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに華を店に雇ってくれる。佐知の過去を聞いた華は、彼女のために危険を承知で“Lの一族”の能力を解き放つ…!?

 遠野のフジテレビドラマ出演は、木曜劇場『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第5話(2月7日)以来。深田とは初共演となる。

 遠野はオーディションで本作ゲスト出演が決まった際は喜びのあまり過呼吸気味となって体調を崩し、撮影前の3日間も緊張しすぎて朝起きると吐いていたという。初共演となる深田の印象を「深田さんは、“深田恭子さんというジャンル”なんだなと感じました。現場でも淡々と過ごされていて、ただただかわいい方でした。第一線でご活躍を続けているスターなのに、私がNGを出してしまっても全然嫌な顔をされないので、すごいなぁと思いました」と語る。

 佐知の役どころについては「悲しみもさみしさも孤独も知っていて、口調がきつかったりもするのですが根は優しい人物です。どっちかと言われれば、私自身も佐知に近いタイプかもしれませんね(笑)」と話している。

 木曜劇場『ルパンの娘』第8話は8月29日22時放送。

関連記事(外部サイト)