寛一郎×結木滉星、迫力のバトルシーン解禁『下忍 赤い影』予告&ポスター到着

寛一郎×結木滉星、迫力のバトルシーン解禁『下忍 赤い影』予告&ポスター到着

映画『下忍 赤い影』ポスタービジュアル(C)2019「下忍」製作委員会

 俳優の寛一郎が主演を務める本格忍者アクション映画『下忍 赤い影』より、主人公の忍者・竜(寛一郎)と琉球武術の遣い手・尚(結木滉星)との激しいバトルシーンを収めた予告編が、ポスタービジュアル、場面写真と共に解禁された。

 本作は、鳥羽伏見の戦いの裏で、忍者組織の最下層「下忍」の末えい・竜(寛一郎)と、薩摩藩の姫・静(山口まゆ)の二人が激動の時代に翻弄(ほんろう)される姿を描く。映画『デメキン』の山口義高がメガホンを取り、『キングダム』左慈役の坂口拓がアクション監修を手掛ける。

 武士による統治が終わろうとしている幕末。忍者はもはや時代遅れとなっていた。竜(寛一郎)は、忍者組織の最下層である「下忍」の末えいだが、今や抜け忍となり江戸で暮らしている。そんなある日、竜はその出自を見抜かれて勝海舟(津田寛治)にスカウトされ、密命を授かる。それは、「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静(山口)を奪還して国に送り戻せ」というもの。やがて薩摩藩からの追っ手として謎の琉球武術の遣い手・尚(結木)が放たれた。追われる二人と追う男、それぞれの思惑が絡み合いながら戦いの旅が始まる…。

 予告編は、勝海舟から密命を受けた主人公・竜が、薩摩藩の姫・静の寝所に忍び込む場面から始まり、続いて琉球武術の達人・尚とのフレッシュでリアルな戦いが、寛一郎と結木による忍者アクションで繰り広げられる。官軍たちによる迫力の爆破や銃撃シーン、クライマックスでのワンカット長回しの臨場感あふれるアクションシーンも垣間見れ、時代の荒波に立ち向かう男たちの物語を堪能できる映像となっている。

 映画『下忍 赤い影』は10月4日より公開。

関連記事(外部サイト)