小倉優香 “1日6食”のストイックな生活 憧れの美ボディの持ち主を告白

小倉優香 “1日6食”のストイックな生活 憧れの美ボディの持ち主を告白

小倉優香デジタル写真集『ぐらぐら』発売記念イベントの様子 クランクイン!

 グラビアアイドルで女優の小倉優香が31日、都内でデジタル写真集『ぐらぐら』の発売記念イベント前の囲み取材に出席。本写真集をアピールしつつ、自身の美ボディをキープするストイックな習慣などを明かした。

 本作は、小倉にとって初めての女性誌プロデュースのデジタル写真集。“服を着ているのに水着よりもセクシー”な新境地に挑んでいる。

 小倉はこの日、スポーティーなウェアで登場。本作は「『with』に入ることが決定してから、初めて撮りに行った写真集です。4月あたりに、竹富島に撮りに行きました。星野リゾートに泊まったんですけど、スゴい素敵な宿で、食事もおいしかった。カメラマンさんが面白くて、終始楽しかったです」と笑顔をこぼした。

 オススメのカットは、お尻のカット。「いつも撮っているけど、女性誌のスタッフさんと撮ったものはオシャレに見える」と評価した。

 また、本作では12枚の音声付き写真を特別掲載(ReaderStoreおよびhontoの電子書店で限定発売)。小倉はインターネット端末を手に、実際に音声を出したりしながら紹介し、照れ笑いを浮かべた。

 今回の作品の出来栄えは「体の仕上がりは完璧ではなかったけど、撮影自体は色々学べたので100点。まわって…80点くらい」。自身の現在の体は撮影時よりスリムになったと明かしつつ、自己採点は「92点。まだ(腹筋が)割れていない」と課題を口にした。

 そんな小倉は、今年5月にwithのレギュラーモデルに。「今までは男性目線の写真が多くて、その中で体型維持をしてました。女性目線の写真が増えると、『もうちょっとここを絞りたいな』とかメイクの好みも変わってきた。これからどんどん自分が変わっていくんじゃないかな」と自己分析。男性誌の撮影では「胸を落とさず、ある程度細くなればいい感じ」だったが、現在は女性誌向けに「腹筋を割りたい。あとはヒップをキュッ! としたい」と手振りを交えて解説した。

 体作りは、普段から熱心に取り組んでおり、食事は1日5〜6食。運動は「週の半分はやるようにしていて、ヒートトレーニングとウェイトトレーニング、ボクシングをやってます」と明かし、キレの良いパンチとキックを報道陣に披露した。

 小倉が憧れるボディの持ち主は、海外のフィットネスモデルのアンジェラ・サグラ。「(腹筋が)バッキバキ。顔もカワイイ。現実的には不可能だと思うけど、それを目指していけば、今と彼女の体の中間くらいまでいけると思います。(スマホの)ホーム画面にしている、下乳とかよく出しているけど、下品にエロくならない。今の私がやると男性向けのイメージになるので、そうじゃなくて、カッコよくいろいろ出したい」と目標を語った。

 囲み取材後、会場では「優香ボディの作り方」レッスンも実施。小倉が、普段行っているトレーニングなどをレクチャーした。

 小倉優香デジタル写真集『ぐらぐら』は講談社より発売中。価格は1800円(税別)

関連記事(外部サイト)