天海祐希“サザエさん”×西島秀俊“マスオさん” 『磯野家の人々』に豪華キャスト集結

天海祐希“サザエさん”×西島秀俊“マスオさん” 『磯野家の人々』に豪華キャスト集結

スペシャルドラマ企画 『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』磯野家のキャストと、それぞれが演じるキャラクタービジュアル(C)長谷川町子美術館

 “20年後のサザエさん”を女優・天海祐希の主演で描くスペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』が、フジテレビ系にて11月24日20時に放送されることが決まった。

 1969年のテレビアニメ放送開始から10月で50周年を迎える『サザエさん』。その記念すべき年に、磯野家の20年後をオリジナル脚本で描く。ドラマで未来の磯野家の人々を描くのは初の試み。天海がサザエを演じるほか、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、フネ役を市毛良枝、波平役を伊武雅刀が務める。

 いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家だったが、20年がたち、家族が一堂に会する機会を持つことも難しくなっていた。子供たちは社会の厳しさに直面して悩みを抱えているが、家族に心配をかけまいと弱みを見せない。その様子を見守ることしかできない大人たちも、もどかしい思いを抱えていた。互いを思い合うあまり、すれ違ってしまっている家族の仲を修復しようと奔走するサザエは、町内の盆踊り大会に久々に家族全員で行こうと計画を立てる。

 20年後のカツオ(濱田)は31歳。野球選手、漫画家など、夢見ては挫折するのを繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。29歳になったワカメ(松岡)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。23歳のタラオ(成田)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々。

 74歳の波平(伊武)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちの将来を案ずる一方、距離感の取り方が分からず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々を温かく見守る70代のフネ(市毛)。48歳になったマスオ(西島)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうと、44歳のサザエ(天海)は奮起する。

 サザエ役を演じる天海は「国民的な漫画のキャラクターなので、プレッシャーが半端ないです。でも私にと声をかけていただいたことに、少しでも応えられるといいなと思います。何よりもこんなチャンスはないので!」と意気込む。役作りにあたっては「(アニメ版でサザエの声優を務める)加藤みどりさんにお目にかかり、サザエさんで演じる上で核になるようなお話を聞かせていただきました」と明かした上、「本当にすごく素敵なことを教えていただけたので、そこを中心に大事に演じたいなと思います」と話す。

 なお、藤原紀香主演で10年後のサザエさん一家を描く舞台『サザエさん』が9・10月に東京・福岡にて上演されることも決まっている。

 スペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』は、フジテレビ系にて11月24日20時放送。

関連記事(外部サイト)