本郷奏多主演『あおざくら防衛大学校物語』、ドラマ&舞台化決定

本郷奏多主演『あおざくら防衛大学校物語』、ドラマ&舞台化決定

『あおざくら防衛大学校物語』主演の本郷奏多

 俳優の本郷奏多が、10月31日より放送されるドラマ『あおざくら防衛大学校物語』(MBS/毎週木曜24時59分、テレビ神奈川/毎週木曜23時、チバテレビ/毎週金曜24時、テレビ埼玉/毎週水曜23時30分)で主演を務めることが分かった。併せて、2020年に同一キャストでの舞台化も発表された。

 本作は、二階堂ヒカルによる防衛大学校を舞台にした同名マンガ作品(小学館「少年サンデー」)のドラマ化。将来自衛隊の幹部自衛官となるべき者を教育訓練する機関である「防衛大学校」で学ぶ学生たちの友情、努力、汗と涙の日々を描く。

 主人公・近藤勇美を演じるのは、映画『キングダム』、映画『Diner ダイナー』と、話題作に立て続けに出演している本郷奏多。監督は、ドラマ『となりの関くん』(MBS)、『インベスターZ』(テレビ東京)の平林克理が務め、脚本をドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS)、映画『センセイ君主』の吉田恵里香らが担当する。

 近藤勇美は成績優秀だが、実家の経済的事情から進路の選択を迫られる。そんなある日、入学金・学費が免除される上、毎月手当が出るという防衛大学校を知り、同校への進学を志望。見事防大に着校した近藤は、仲間達との出会いや上級生たちの厳しい指導を経験しながら成長していく。

 主演の本郷は「僕自身原作を読ませていただき、しっかりと『あおざくら』のファンになりましたので、原作の空気感を大切に撮影に挑んでいきたいと思います。敬礼や号令など防大生のルールを実際に習ってみて、その難しさに少し緊張しておりますが、学生時代の気持ちを思い出して、もう一度青春を謳歌できるよう楽しみたいです。 実写版あおざくら、是非楽しみにしていてください」とコメントした。

 原作者の二階堂は「あまり世間の方々に知られることのなかった世界を、素敵な俳優さんたちが演じてくださることで、多くの人に知ってもらえると考えると、非常にワクワクします! 燃えます! 日本一厳しい学校と言われる防大での青春、皆さんぜひご堪能ください」と喜びを語った。

 なお本作は、ドラマと同じ主要キャストでの舞台上演が決定し、2020年春の上演を予定している。

 ドラマ『あおざくら防衛大学校物語』は、MBSにて10月31日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて10月31日より毎週木曜23時、チバテレビにて11月1日より毎週金曜24時、テレビ埼玉にて11月6日より毎週水曜23時30分放送。

関連記事(外部サイト)