キンプリ平野紫耀、小中時代にタピオカブーム先取り「原宿がオレに追いついた」

キンプリ平野紫耀、小中時代にタピオカブーム先取り「原宿がオレに追いついた」

『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』初日舞台挨拶にて クランクイン!

 King & Princeの平野紫耀が6日、都内で主演映画『かぐや様は告らせたい ‐天才たちの恋愛頭脳戦‐』の初日舞台挨拶に登壇。同作ヒロインの橋本環奈ら共演陣と、和気あいあいとトークを展開して会場を盛り上げた。

 本作は、週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』を原作とする恋愛エンタメ映画。秀知院学園の天才生徒会会長・白銀御行(平野)と大財閥の令嬢で副会長・四宮かぐや(橋本)の恋愛バトルを描く。

 舞台挨拶には平野や橋本のほか、佐野勇斗、浅川梨奈が出席した。

 平野は「これから、いろんな人に見てもらえると思うと、ワクワクが止まりません」と心境をコメント。また本イベントの模様が全国119スクリーンにて同時生中継であることを受け、中継カメラに向かって手を振って「へい、全国ぅ!?」と挨拶。撮影現場の雰囲気について「同世代が勢ぞろいしていたので楽しかった。話しているワードも近くて、同級生みたいな会話で、すぐ仲良くなった」と述懐した。

 舞台挨拶では、本作にちなんで「プライドが邪魔してできないこと」をフリップで発表することに。橋本は「家でも気を抜くことができない」と紹介。「お家での決まりを課しすぎている。気楽に生活できない。例えば、靴を玄関に一足しか置かないとか、バスタオルを使った後に干して乾かしてからじゃないと洗濯しないとか、洗面台に何も置かないとか。それをなぜか自分に課している」とストイックな私生活を告白した。

 平野は「流行に乗ることができない。流行に乗っている自分が恥ずかしく見えちゃう」と述べ、「何か、自分を貫きたいという感じがある。2年前とかに、俳優の皆さんが履かれていたようなガウチョパンツを、正直履きたかった。プロデューサー巻きもやりたかった。プロデューサーになりたかったけど、プライドが邪魔してなれなかった」と告白。現在は「流行りを分からないようにしている。タピオカくらいしか知らない。ただタピオカは小学生、中学生くらいの時から自分で作って、飲んでいた。だから、ようやく原宿がオレに追いついてきた」と話し、会場を笑わせた。

 イベント最後には、“告す玉”(くす玉)を割って公開初日を祝った。

関連記事(外部サイト)