石原真理子の“弁当万引報道”を専門家、カウンセラーはどう読む?「不可解ブログの原因は……」

石原真理子の“弁当万引報道”を専門家、カウンセラーはどう読む?「不可解ブログの原因は……」

『女優 石原真理子』(芳賀書店)

 女優の石原真理子が、東京・墨田区内のコンビニエンスストアにおいて弁当とペットボトル飲料を万引した窃盗の疑いで警視庁本所署に任意の取り調べを受けていると、『みんなのニュース』(フジテレビ系)が報じた。

 詳しい状況はわかっていないが、会計せずに店を出ようとしたところ、気付いた店員が通報、駆けつけた警察官に連行されたという。“元祖プッツン女優”と呼ばれた石原ではあるが、かつては玉置浩二、明石家さんま、吉川晃司、時任三郎ら、多数の人気芸能人と浮名を流した美人女優だけに「なぜ?」との疑問が拭えない話だ。

 民間の万引捜査を請け負っている警備会社の代表によると「過去の事例で、盗んだものが弁当と飲み物だけといった安い食品の場合、(1)飢えるほどに金に困っていた、(2)盗み癖がある、(3)うっかり会計し忘れ、などが考えられる」という。

「それ以外では(4)精神不安定によるもの、もありますが、その場合は精神鑑定でそう判断されない限りは認定できません」(同)

 逮捕はされておらず、事件化したわけではないが、仮に万引が事実だったと仮定すると、石原の場合、4年ほど前に極貧生活を送っているのではないかと思われる近況が伝えられたこともあって、(1)の“金欠”によるものだった可能性はある。海外事業の失敗などで表舞台から長く姿を消し、母が住む家賃数千円の都営住宅に住んでいると伝えられていたほどだ。

 かつて人気ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)で大人気となったが、2009年に婚約していた玉置と破局して以降の石原は、精神不安定と見られることも多かった。そうなると(4)の可能性も出てくる。

 何しろ最近はブログで日本語と英語を交えた不可解な長文記事を頻繁に更新していて、その支離滅裂ぶりは、松居一代がまともに見えるほど。6月28日に「私はゼウスを復活させたようです.彼はゼウス・クライスト」という題名で書いた記事は「私の青藍色コバルトブルーが世界中に木魂しているのは、自然や銀河宇宙たちが私に理解を示しているからです。人間もその理解をする必要な時期が到来」という、オカルトめいた内容になっていた。

 7月22日の日記は、2日前に自殺が伝えられたロックバンド・リンキンパークのチェスター・ベニントンについて「昨年末には突然に小さな頃からのトラウマや薬・お酒に関しての自身が持つ問題などを告白していたようです」と、その死を偲ぶ内容だったが、27日になると「利いてる利いてる、利いてます。無実の罪を工作したウォルトディズニーワールドに本当の犯罪者。爬虫類レプ人間たち」と、またもや意味不明な内容に。

 さらに「今月現地の7月11日には何故かマイアミ・フロリダのモーテルで、ハイチのある政府関係者が銃により死亡されているのが発見されていました。(中略)このハイチ政府関係者はクリントン財団の裏問題をアメリカ政府に証言する用意をしていたそうです。その矢先に亡くなられたというわけですね。不自然な銃による死亡ということですが自殺とされています。チェスターそしてクリスの件と同じように」と陰謀めいた話を書いている。

 カウンセラーの野村高一氏によると「単なる精神不安定と斬って捨てるのは簡単ですが、過去に何かきっかけとなるようなことがあったはず」だという。

「タレントで私に相談してくる人でも、マスコミにひどく事実と違うことを書かれたり、業界の有力者と揉めて悪いウワサを流されたなど、精神的に追い詰められるような状況になった人が、似たような感じになっています。そうなると被害妄想に陥って、ほかの陰謀話にも親近感を持っていくんです。石原さんの場合、何十年もプッツン女優と呼ばれて異常者扱いを受けてきたことも、人間不信の一因になったはず」(同)

 過去に海外で外国人ミュージシャンへのストーカー容疑で服役したときのことは、本人が「誤解だ」と言い続け、本人は“奇行”とは思っていない様子だった。

 いずれにせよ、古い芸能関係者が「大胆な行動をとるけど、メンタルは繊細な人」という石原だけに、万引の真相がどうあれ、その身が心配である。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

関連記事(外部サイト)