視聴率急落10.1%! シシド・カフカ演じるカンナの恋敵役が中途半端なキャラで残念な『カンナさーん!』第3話

視聴率急落10.1%! シシド・カフカ演じるカンナの恋敵役が中途半端なキャラで残念な『カンナさーん!』第3話

TBS系『カンナさーん!』番組公式サイトより

 お笑い芸人の渡辺直美が主演を務めるドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の第3話が1日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から2.5ポイント下落してしまいましたが、何とか2桁台はキープしました。

 前回のラストシーンで、元夫・鈴木礼(要潤)とその恋人・草壁真理(シシド・カフカ)、ひとり息子の麗音(川原瑛都)が3人で遊んでいる場面に出くわしてしまった河東カンナ(渡辺直美)。真理は礼と浮気し、離婚の原因となった相手なだけに、麗音とこっそり会っていたことにカンナは激怒します。おまけに、売れっ子空間デザイナーだという真理はスタイリッシュでクール。そのどこか見下したような態度にカンナは反発心を抱くのです。

 そんな大人たちの事情を知らない麗音の提案で、礼の母・柳子(斉藤由貴)と父・徹三(遠山俊也)も誘い、週末に皆で海水浴へ行くことに。真理が礼だけではなく麗音も奪おうとしているのではないかと危機感を抱いたカンナは、海水浴場で真理に向かい「気に食わない」と噛みつきます。それに対して真理はただ微笑み返すばかり。眼中にないといった態度に、カンナの怒りはさらに燃え上がります。

 そして、お互いに本気モードになってのビーチバレー対決に発展。その勝負には負けてしまったカンナですが、ランチタイムになると、気合を入れて作ってきたキャラクター弁当を取り出し、良き母親ぶりをアピール。自分の分の弁当しか作ってこなかったという真理に対して優越感を抱くのです。

 しかし、真理は実際には、皆が食べられる分の弁当を用意してきていたんですね。キャラ弁によろこぶ麗音の姿を見て気兼ねしたのだと悟ったカンナは、真理が実は思ったほど冷たい人間ではないのだと考え直し、わだかまりが解けます。

 その日の帰り道にカンナは、礼をよろしくと真理に伝えて去ります。しかし、真理は礼の気持ちがカンナにあることに気づき、別れを告げます。そして、カンナと礼の復縁か? という予感を抱かせたところで第3話は終了となりました。

 さて、感想ですが、カンナと真理が初顔合わせした前回のラストシーンと今回の序盤のシーンは、波乱を感じさせるものとなっていました。なにせ、カンナからすれば真理は家庭を壊した張本人。真理は真理で、それまでの礼との会話の端々にカンナへのライバル心をのぞかせていたからです。

 そんなわけで、今回はかなり激しい戦いが見られるのではないかと期待していたのですが、カンナが真っ向から不満をぶちまけて勝負を挑んでも、真理は何も言い返さず。唯一の“直接対決”として描かれたビーチバレーのシーンも特に盛り上がるわけでもなく、ランチタイムになるとあっさり争いは終焉を迎えてしまいました。

 そして、礼の心が自分よりもカンナにあると悟った真理は、「礼のことは本気じゃなかった」と別れを告げ、礼から離れた場所でボソッと「愛してる、永遠に」と呟つぶやいて去って行きます。つまり、礼への想いはありながらも、カンナと麗音の幸せのために譲ったということだったのですが、そんな気遣いができるならなぜ、それまで礼に対して離婚を催促するような言動をしていたのでしょうか? 真理のキャラクターが支離滅裂に思えてしまいました。

 今回、いまいち盛り上がりに欠けたのは、見た目も内面もカンナとは対照的だという真理の役柄設定と、その役をシシドに任せたことが中途半端だったためではないでしょうか。確かにシシドは、渡辺とは身長と体重差があり、クールな顔立ちも含めて外見的にギャップがあります。ただ、コメディードラマですからもっと露骨に、グラマーなボディの女優を登場させて渡辺とのボディラインの違いを見せたり、原作の真理のようにおしとやかで家庭的なタイプにしたりと、はっきりとカンナとコントラストが出るキャラを登場させた方が良かったのではないでしょうか。わざわざ海まで行って、肌を露出させているのが渡辺だけというのも、ビジュアル的にキツイものがありました。

 その一方、真理からの「本気じゃなかった」を真に受け、さらに自分自身のカンナへの気持ちに改めて気づき、復縁を考えるゲス夫・礼の都合の良さはもはや笑えるレベル。ドラマのメインターゲットである主婦層が礼に対して反感を抱くかどうかが、今後の視聴率推移のキーポイントになっていきそうな気がします。

 さて、次回は、カンナと礼が復縁するのかどうかも見どころですが、ファッション業界のカリスマ・ニック難波(加藤雅也)にデザインの才能を認められたカンナが、キャリアアップに奮闘する姿も見逃せない展開になっていきそうです。
(文=大羽鴨乃)

関連記事(外部サイト)