イケメン俳優の不祥事が影響? 窪田正孝、三浦翔平が急激にフレンドリーになっている!

イケメン俳優の不祥事が影響? 窪田正孝、三浦翔平が急激にフレンドリーになっている!

スターダストプロモーション公式サイトより

 未成年との淫行騒動を起こした小出恵介、薬物疑惑が報じられて芸能界を引退した成宮寛貴、事務所に黙って飲食店を経営し解雇となった山本裕典……このところイケメン俳優の不祥事が目立っているが、その一方で態度を改める俳優たちが増えているという。週刊誌記者が明かす。

「俳優の不祥事が続いたということで、各芸能事務所も所属タレントに対して、いま一度、身辺調査をしたり、厳しく注意をしたりと、くぎを刺しているようですね。特にやましいことはなかったとしても、芸能人にはいろいろな付き合いがありますから、いつどんな形でスキャンダルに巻き込まれるかわからない。敵を作らないためにも、普段から真面目に振る舞うようにきつく言われているのだと思います」

 たとえば現在、主演ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)が放送中の窪田正孝は、以前はクールで近寄りがたい雰囲気だったが、今ではかなりフレンドリーになっているという。

「もともと役に入り込みやすい性格で、ちょっと影がある役を演じている間だと無口になったりもしていたようですが、最近は本当に明るくて、番組スタッフなんかにもフレンドリーですね。業界内でも『雰囲気変わった、ファンになった』なんて声も聞こえてきます」(テレビ関係者)

 同じく『僕たちがやりました』に出演している三浦翔平は、性格が180度変わったとさえいわれている。

「以前はとにかく威圧的な雰囲気で、取材をしても全然話してくれないという印象。態度が悪いというよりも『怖い』といった感じで、取材する記者のほうが『三浦翔平NG』にしていることさえありました。でも、ここ最近取材した記者の話では、威圧感はまったくないし、礼儀もしっかりしている。取材中に冗談も言うし、むしろ気さくで話しやすいくらいになっているようです」(前出週刊誌記者)

 そういった変化が影響しているのか、今期は『僕たちがやりました』だけでなく、『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)にもレギュラー出演している。

「三浦さんはイケメンにもかかわらず、幅広い役ができる。これまではスタッフも扱いづらいと感じていたかもしれませんが、今の“改心”した雰囲気を見ていると、どんどんオファーが増えそうですね」(同)

 もともとイメージが悪かった人が接してみたら本当は優しくて、その落差で余計に評価が高まるというのはよくあること。窪田や三浦も、このパターンでさらに売れそう?

関連記事(外部サイト)